「バハマ文書」世界富裕層脱税の秘密を暴く

【新唐人2015年09月26日ニュース】
米FRB 金利の利上げを見送り

アメリカの中央銀行にあたる連邦準備制度(FRB)は追加の利上げを見送ることを決めました。これは今年で2回目の政策金利の据え置きとなります。

Google,MicrosoftがTwitterの買収を検討中

CNBCの報道によるとGoogle,Microsoft,Verizon,SaleforceなどがTwitterの買収を検討しているそうです。その影響で、同社の株価が16.4%の21.68ドルに上昇しました。交渉はまだ初期段階にあり、詳細はまだ決まっていません。

オバマ夫人 パスポート情報がハッカーに公開され

Yahooから5億件のユーザーアカウント情報が漏洩した事件の後、今度は米ファーストレディ、ミシェル氏がハッカーの攻撃を受け、パスポート情報が流出させられました。報道によると、今回の情報漏洩はロシアのハッカー組織と関係ある可能性が高いと見られています。

「バハマ文書」世界富裕層脱税の秘密を暴く

国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は、パナマ文書に続き、「バハマ文書」を新たに公開しました。内容は1996年以降にバハマに設立された法人に関する内部文書で17万5000社を超える130万件のファイル、その容量は38GBに達し、世界中に衝撃が走っています。この前「パナマ文書」の公開後、資産隠し疑惑で、アイスランドの首相が辞任する事態が起きました。

新唐人テレビがお伝えしました。

(翻訳/吉田 映像編集/李)