米FRB 中国農業銀行に資金洗浄防止策の改善を要請

【新唐人2016年10月05日】
アメリカの中央銀行、米連邦準備理事会(FRB)は9月29日、中国農業銀行ニューヨーク支店が資金洗浄防止策に関して「重大な違反」を犯しているとして、期限内に改善するよう求めました。

中国農業銀行は中国で4番目に大きな銀行で、同行ニューヨーク支店の元最高法令順守責任者、ナターシャ・タフト氏が、同行が資金洗浄を行っている可能性があるとFRBニューヨーク銀行に通告していました。

FRBは9月29日、同行に対し60日以内に米財務省の外国資産管理局の規則を遵守する改善策を提出するよう求める通達を行いました。

新唐人テレビがお伝えしました。

(翻訳/白白 ナレーター/淳萌 映像編集/李)