アン・リー監督の新作 役者全員ノーメイク

【新唐人2016年10月09日】
アン・リー監督の新作映画の撮影は4Kの高画質を採用し、役者の表情と肌の質が大きいスクリーンの上で、鮮明に映し出され、アン・リー監督は、役者のヴィン・ディーゼルや、『トワイライト』のクリステン・スチュワートなどに、ノーメイクで出演するよう要求しました。

アン・リー監督:「映画の撮影の前に、私は役者たちに、今回は細部まではっきり見える、しかも化粧はなしと伝えました。役者達は皆協力的で、化粧しなくてもいいと答えてくれました。クリステン・スチュワートは3か月のケア期間があって、彼女はスケジュールに従っていました。私達のメイクさんはメイクしないからスキンケア師になっています。」

役者たちがパフォーマンスを突破するだけでなく、撮影も困難に直面していて、例えば、撮影に使うスクリーンの解像度ははるかに足りません。

アン・リー監督:「最大の困難は撮影所との関わりです。彼らは最後に変えようとする立場の人で、ある日私達は試し撮りの時、撮影所のボスが60コマで撮影したら、、管理と上演が難しいので止めてと頼まれましたが、彼にいいニュースと悪いニュースがあると話しました。いいニュースとは60コマで撮らない、彼がありがとうと喜びましたが、悪いニュースとは120コマで撮りますから。」

映画の配給業者との商談も大変でした。高い規格の撮影になったので、全世界で上映できる劇場が限られています。アン・リー監督は劇場に対応するために、いろんなバージョンを制作しました。

アン・リー監督:「元々面倒なことだが、しかし私にとって、最後は全部映画のための学習になりました。24コマと3Dの明るさが違うので、これは私自ら調整し、作り上げました。」

台北市は最新放映技術で上映する世界の5つの都市の中の1つで、最初に試写する都市でもあります。監督は次回も台湾に戻り、新技術で映画を撮影し、新しいイメージを期待しています。

新唐人テレビがお伝えしました。


(翻訳/小松 ナレーター/淳萌 映像編集/李)