圧力に恐れず 烏坎村元村委員会主任が上訴【中国1分間】

【新唐人2016年10月11日ニュース】
厦門市人民検察院が河北省元書記を公訴

先日、厦門(あもい)市人民検察院が元河北(かほく)省委員会書記、周本順(しゅう ほんじゅん)を、職権を利用して巨額の財物受け取ったとして、収賄罪で公訴しました。周氏は2012年まで、失脚した政治局元常務委員、周永康(しゅう えいこう)の秘書を務め、中国共産党の第18回全国代表大会以来失脚した初めての現任省委員会書記です。

2.4億元没収 元雲南省書記が死刑執行猶予

河南(かなん)省安陽(あんよう)市中級人民法院は9日、元雲南省委員会書記、白恩培(はく おんばい)を、収賄罪で死刑執行猶予、出所不明巨額財産罪で懲役10年の判決を下し、2.4億元(37億円)を超える全財産を没収しました。

圧力に恐れず 烏坎村元村委員会主任が上訴

広東(かんとん)省烏坎(うかん)村の人権活動家、元村委員会主任の林祖恋(りん それん)さんが9月に収賄罪を着せられ禁錮3年1か月の判決を下されました。中国メディアによると当時、林さんは罪状を認め上訴しないとされていましたが、近日獄中で上訴を提出し、案件は19日に佛山中級人民法院で審理されます。

新唐人テレビがお伝えしました。     

(翻訳/赤平 映像編集/李)