中国で仰天検閲 辞書から「台湾」記載ページ切り取られる【中国1分間】

【新唐人2016年10月18日】
有毒フッ化物調査 中国が最大排出国

スウェーデン、ノルウェー、中国の研究者からなる調査チームが、中国の19の河川と入江で採集した水のサンプルに含まれている12種類のフッ化物を分析したところ、中国が有毒フッ化物を世界で最も多く排出する国であることが分かった。科学誌「環境と科学」最新刊で調査結果を発表した。

軍部の「虎」を叩く 将軍級数名にメス

中国共産党軍部紀律検査委員会は、第18期党中央委員会第6回全体会議(六中全会)の前に、前総政治部副主任の張樹田(ちょう じゅでん)大将、国防大学元校長の王喜斌(おう きひん)大将と王東大(おう とうだい)天津警備区参謀長ら数人の軍幹部を摘発するとみられる。

フィリピン大統領訪中 インフラ建設投資獲得を狙う

フィリピンのドゥテルテ大統領が今月18日から21日まで訪中する。ドゥテルテ大統領は中国に対し南シナ海における領有権を主張しない代わりに、フィリピン国内の鉄道や発電所などのインフラ建設に中国から数百万ドルの投資を引き出す狙いだとフィリピンのメディアが報じた。

中国で仰天検閲 辞書から「台湾」記載ページ切り取られる

上海在住のネットユーザーが、外国語書籍専門書店で新品の「ウェブスター英語辞典」を購入した際、すでに開封されていた上、「台湾」という文字が記載されているページが切り取られていることを発見。ネットにコメントを投稿したところ、大きな反響を呼んだ。問題の辞書を販売した書店は外国メディアの取材に対し、「『一つの中国』の原則に背く内容だから」と答えた。


(翻訳/王大同 映像編集/李)