江蘇省の幼稚園で爆発事件が発生

【新唐人2017年6月16】
15日午後5時頃、江蘇省徐州市の幼稚園で爆発事件が発生しました。これまでに8人が死亡、60人以上が負傷したと報じられています。

爆発が発生したのはちょうど下校時刻で、門の付近には大勢の子供や迎えに来た保護者がいました。そこへ大きな爆発が突然発生し、服が焦げたりした大勢の人が地面に倒れ、辺り一面血の海と化しました。

目撃者によると、爆発が起こった時、巨大な火の塊が空へと突きあがっていたといいます。

少なくとも8人が死亡、65人が負傷、うち9人が重傷と報道されていますが、実際の被害者の数はまだ明らかになっていません。

国営メディアは人為的な爆発事件だとして、すでに容疑者1人を拘束したと報じましたが、詳細は公表されていません。

事件への関心が集まっていますが、現在中国の主なポータルサイトでは事件に関する記事がトップページにおろされており、爆発などのキーワードも検索ランキングに消されました。政府はこの事件を矮小化しようとしているとの批判が集まっています。

新唐人テレビがお伝えしました。           

(翻訳/白白 映像編集/李)