習近平が香港訪問 6万人が高度の自治求めデモ行進

【新唐人2017年7月3日】
中国への返還記念日に当たる7月1日、香港で数万人のデモ行進が行われました。デモ参加者は香港を訪問中の習近平中国国家主席に対し、「一国二制度」の約束を守り香港に高度の自治を返すよう求めました。

デモ隊は1日の午後、ビクトリア公園を出発し、香港政府ビルまで行進しました。デモの主催者によると、6万人が参加しました。

ちょうど習近平国家主席の香港訪問時に当たり、デモ主催者は、中国政府は「一国二制度」の約束を遵守してほしいと述べました。

デモを主催したオー・ノック・ヒン南区区議会議員:「一国二制度の約束が破られていることを訴えています。民主主義と自治の実現、高度な自治権を求めます。」

習近平国家主席は1日の午前、香港新政府就任式典で講演したほか、港珠澳(こうじゅおう)大橋の建設状況を視察した後、正午の飛行機で香港を後にしました。

新唐人テレビがお伝えしました。               

(翻訳/白白 映像編集/李)