黄河上流にダム建設で環境破壊心配する声【世界が見た中国】

【新唐人2017年7月11日】
『大紀元時報』
熱波が中国を襲う 新疆では気温48度に

猛暑が中国北部を襲っています。新疆ウイグル自治区トルファンでは気温が48度に上り、火焔山の地表の温度は88度にまで達したほか、河北、山西、陜西各省では気温35度を超えました。この熱波は11日には南部にまで広がっています。


ラジオ・フランス・アンテルナショナル
張志軍 蔡振華 「19大」代表リストから消えた

発表された中国共産党第19回全国代表大会の代表リストに64歳の国務院台湾弁公室主任の張志軍氏、国家体育総局副局長の蔡振華氏が入っていませんでした。蔡氏がリストから外れているのは、最近の卓球代表チーム騒動が関係していると見られます。


米経済チャンネルCNBC
中国6月の消費者物価指数など予測通りに

中国政府が6月に発表した消費者物価指数(CPI)は前年同期比1.5%増、生産者物価指数(PPI)は前年の6月比5.5%増で、市場予測と合致していました。しかし、専門家は今年下半期の中国経済の成長は鈍化してゆくと予測しています。


台湾『聯合報』
黄河上流にダム建設で環境破壊心配する声

黄河の壺口滝の上流で「古賢ダム」の建設が間もなく始まりますが、現地住民は建設によって、壺口滝がなくなり黄河の景観が変わるなどの環境破壊が起こることを心配しています。専門家も2年前から、ダム建設によって壺口滝の砂含有量が減ると指摘していました。

新唐人テレビがお伝えしました。              

(翻訳/白白 映像編集/李)