一帯一路を推進 中国がスリランカの港を購入【世界が見た中国】

【新唐人2017年8月1日】
アメリカ フォーブス
一帯一路を推進 中国がスリランカの港を購入

スリランカ政府は11億2000万ドルでハンバントタ港の99年間の運営権を中国企業に譲渡する契約を結びました。契約上は同港が軍事使用されることはないとしていますが、インド洋に介入するため中国海軍が同港に進駐することが懸念されています。


イギリス ロイター
イギリス、オーストラリア 北の核ミサイル発射制止するよう中国に求める

7月28日、イギリスとオーストラリアがそれぞれ、北朝鮮の核の脅威を制止するのに中国政府はさらなる努力をすべきと求めました。中国の国際社会での影響力は増しており、北朝鮮の核ミサイル発射実験を止めるためより多くの責任を負うべきと強調しました。


オーストラリア SBSラジオ
中国とフィリピンが南シナ海開発で協力

中国とフィリピン両政府は、南シナ海の油田と天然ガスの開発について協力することを発表しました。フィリピン政府は決定前にアセアン諸国に相談したとしていますが、南シナ海の主権問題多くの国が絡んでおり、紛争を引き起こす可能性が懸念されます。


台湾 「自由時報」
中国の海外新幹線建設計画の3割が取消し

外国の新幹線建設に協力することは中国の外交手段となっています。海外で中国が協力を予定していた新幹線建設計画は総額1430億ドルに相当する18件ありましたが、そのうち475億ドル分は、現地政府に多大な負担をもたらすため取消されました。

新唐人テレビがお伝えしました。              

(翻訳/白白 映像編集/李)