インフルエンザのワクチン製造が遅れ大流行も さらに、H7N9型が猛威を振るう可能性

記事まとめ

  • インフルエンザのワクチン製造が遅れており、今冬は例年以上の大流行もありうるという
  • ただし、これは従来型の話で、鳥インフルH7N9型も猛威を振るう可能性があるらしい
  • ヒトにも感染し致死率は約40%で、今年に入ってからが一番大きな波となっているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております