9.11式典を途中退席 再燃した健康不安はクリントン候補の死角となるか

9.11式典を途中退席 再燃した健康不安はクリントン候補の死角となるか

[写真]9.11式典に出席したヒラリー・クリントン氏(ロイター/アフロ)

 アメリカ大統領選挙まで60日を切った9月11日、ニューヨークでは15年前に発生した同時多発テロの犠牲者を追悼する式典が開催され、ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプの両大統領候補も出席した。式典開始から間もなくして、クリントン氏は体調不良を訴えて会場を去るのだが、その様子を捉えた動画がネットにアップされ、凄まじい勢いで拡散。動画ではよろめいて膝から崩れるクリントン氏が、抱えられるようにして車に乗り込む様子がはっきりと確認でき、以前から指摘されていた健康不安説を再燃させる結果となった。クリントン陣営は当初、脱水症状が原因で気分が悪くなったのだと説明したが、のちに医師から肺炎と診断されていたことを明らかにした。健康状態を不安視する有権者が増える一方で、肺炎に関する事実を公表しなかったクリントン陣営に対する不信感も高まり始めているようだ。

SNS上によろめいて膝から崩れ落ちかける映像

 現地時間11日朝から世界貿易センター跡地で開催された追悼式典に出席したクリントン氏は、式典が始まって約1時間後にシークレットサービスの職員らに連れ添われる形で会場を離れ、車に乗り込もうとした際にはふらついた状態で膝から崩れ落ちかける一幕もあった。この様子を式典に参加するために会場の外にいたチェコ出身の元消防士の男性が動画撮影し、ツイッターに投稿したことによって、クリントン氏が膝を崩す形で倒れかけたシーンが瞬く間に世界中に知れ渡った。ツイッターで動画を公開した男性にはアメリカやチェコのメディアから取材申請が殺到し、2日の間に約2万6000通のメールが届いたのだという。

 この男性はチェコメディアの取材に対し、自身が撮影した動画がこれほどの反響を呼ぶとは想像していなかったと語っている。動画の中でクリントン氏が膝を崩す格好で倒れかけるシーンは僅か数秒のものであったが、アメリカの有権者や世界中のメディアの関心を引くには十分すぎる内容であった。

 クリントン陣営は当初、クリントン氏が暑さによって体調を崩したと発表していたが、のちに医師から肺炎と診断され、体調不良を起こす前日にも抗生物質を服用していたことを明らかにしている。

・Zdenek Gazdaさんが撮影した動画「Hillary Clinton 9/11 NYC」(https://twitter.com/zgazda66/status/774993814025011200)

 クリントン候補をめぐっては、以前から健康不安説がささやかれ、最近では遊説先で演説を行った際に咳を繰り返していたことをメディアに取り上げられ、何らかの体調不良に見舞われているのではないかと話題になっていた。8月中旬にはクリントン氏の医療記録のコピーとされるものがネット上で拡散したが、医療記録は偽物であったことがすぐに判明している。また、8月末から9月初頭にかけて、アメリカ国内ではグーグルの検索ワードで「クリントンの健康状態」が上位にランクインしており、アメリカ人有権者の間でクリントン候補の健康状態が大きな関心事となっていた矢先に、クリントン陣営は肺炎の事実について発表を強いられたのだ。

 残り60日を切り、米大統領選挙は終盤戦に突入している。このタイミングでクリントン候補が肺炎と診断されたことは、選挙戦を優勢に進めてきた民主党サイドにとってはこれまでの勢いを変えてしまう可能性がある懸念事項で、一方でトランプ陣営にとっては起死回生のチャンスにもなり得る。加えて、今回の大統領選挙ではクリントンとトランプの両候補が自らの医療記録の公開には及び腰となっているが、クリントン陣営が肺炎の診断を受けた公式に発表したため、透明性の欠如に憤る有権者も少なくない。

ウィキリークスや保守系メディアがバッシング

 ネット上にはクリントン氏の健康状態に関するさまざまな情報が氾濫しており、中には陰謀論めいた話も少なくない。クリントン氏の健康状態に関して当初ささやかれていたのは、彼女の頭部の負傷に関するものであった。2012年12月、当時米国務長官だったクリントン氏は、追跡検査で頭部に血栓が発見され、そのまま病院で抗凝血薬を使った治療を数日にわたり行った。血栓が見つかる数週間前、クリントン氏はウイルス性胃腸炎による脱水症状が原因で転倒し、頭部を強打していた。

 2012年の頭部負傷や、その後行われた血栓の治療、そして高齢も懸念され(大統領選挙直前の10月26日、クリントン氏は69回目の誕生日を迎える)、医療記録を公開して、健康状態についてクリアにしておくべきとの声は以前から少なくなかった。民主党候補者の指名争いでライバルであったバーニー・サンダース氏がクリントン氏よりも高齢のため(サンダース氏は75歳)、「健康問題」はサンダース氏に集中する形となり、クリントン氏の健康状態をめぐって大きく議論されることもあまりなかった。

 ボストン在住のフォトグラファー廣見恵子氏は、米大統領選挙で各候補の動きを追うために全米各地を訪れ、クリントン氏の遊説にも何度も足を運んでいる。廣見氏がクリントン氏を最後に間近で目にしたのは、7月12日にニューハンプシャー州ポーツマスで行われた集会だった。廣見氏によると、それまでに何度もクリントン氏の遊説などを取材していたにもかかわらず、クリントン氏から健康上の不安を示すような様子は全く見られなかったのだという。「8月頃からクリントンの健康問題が話題になり始めましたが、私が行った取材の中ではそういった様子は全くなかったため、肺炎のニュースにも正直驚いています」と、廣見氏は語る。 

 クリントン氏の健康状態を問題視し、クリントン叩きを大々的に展開し始めたのが、アメリカ国内の保守系メディアやタブロイド紙だ。「健康に不安を抱えるクリントン氏に大統領職を全うできるかは疑問で、大統領選挙から即刻撤退すべし」という論調で、クリントン叩きに躍起になるメディアもあれば、クリントン氏のランニングメイトとして選挙戦を戦うティム・ケイン氏をすぐに大統領候補にするべきと伝えるメディアまで出る始末だ。また、ウィキリークスはツイッターに4択のアンケートを投稿し、「クリントン氏の本当の病状は何だと思うか?」という質問でクリントン氏の健康不安を煽り、激しい批判に晒された。問題のツイートはその後削除されている。

求められる情報公開、吉と出るか凶と出るか

 大統領候補や現職の大統領の健康状態が大きな関心事になったのは、いつ頃からなのか。歴代のアメリカ大統領について研究する歴史家のロバート・ダレック氏は2008年にNPR(米公共ラジオ)のインタビューの中で、「歴史的に見て、大統領や大統領候補者は自らが患っている慢性的な病気について公表するのを避けてきた」と語っている。

 第一次世界大戦後にパリ講和会議を開催し、国際連盟の創設に尽力した第28代大統領のウッドロウ・ウィルソンは大統領時代の晩年に脳梗塞を発症した。一命は取り留めたが、左半身不随と重い言語障害が残り、職務の継続は無理な状態であったが、アメリカ国民に脳梗塞の発症はウイルソンの死後まで伝えられることは無く、ウイルソンは大統領職を最後まで全うした。逆に健康状態がよく知られていた例も少なくなく、第21代大統領のチェスター・アーサーは腎臓病、第35代大統領のジョン・F・ケネディは慢性痛に苦しんでおり、それらの情報は有権者の間でも周知の事実であった。

 マサチューセッツ州選出の元上院議員ポール・トソンガス氏は1984年に悪性リンパ腫の治療に専念するために政界を引退したが、1992年の大統領選挙で政治の世界にカムバックし、大きな話題を呼んだ。トソンガス陣営は「癌に打ち勝った候補者」として強さをアピール。これに共感した有権者は多く、トソンガス氏は大統領選挙の序盤で後に大統領になるビル・クリントン氏よりも多くの支持を集めるほどであった。トソンガス氏のケースは異例中の異例で、ほぼ全ての候補者は自らの病気について積極的に情報公開することはない。

 SNSで拡散された映像や、ネット上で広がる根拠のない噂に対応するため、クリントン氏にはより積極的な情報公開が求められているが、健康についての情報公開が吉と出るか凶と出るかは不明だ。

 健康不安以外にも、トランプ氏同様に支持率が急落する爆弾をいくつも抱えている。クリントン氏は先週、LGBTの集会に演説を行い、トランプ支持者を激しく批判した。「トランプ支持者の半分は哀れな人たちで、人種差別主義者、性差別主義者、同性愛者嫌い、イスラム教徒嫌い……。そんな人間ばかりだ」と発言。度を越えた発言と捉えたアメリカ人は少なくないと報じられている。また、これからのクリントン財団の運営の仕方や、ウォール街との付き合い方、国務長官時代のメール問題に対する見解など、アメリカ人有権者の間で根強く残る「クリントン嫌い」の要因を払拭する必要がある。

 この時期に民主党の大統領候補が変わる可能性はほぼゼロだが、医療記録から財団運営の詳細まで、有権者がクリントン氏に期待することの一つが「透明性」であることは間違いない。

------------------------------
■仲野博文(なかの・ひろふみ) ジャーナリスト。1975年生まれ。アメリカの大学院でジャーナリズムを学んでいた2001年に同時多発テロを経験し、卒業後そのまま現地で報道の仕事に就く。10年近い海外滞在経験を活かして、欧米を中心とする海外ニュースの取材や解説を行う。ウェブサイト(http://hirofuminakano.com/)