<上海だより>“ノームコア”の誤解?拡大解釈の末の「性冷淡」とは?

<上海だより>“ノームコア”の誤解?拡大解釈の末の「性冷淡」とは?

新たにオープンした無印カフェ

 2015年から中国のファッション系情報では「性冷淡」という言葉が出回り始め、今ではその概念はファッションだけではなく、内装はじめデザイン全般で使われる用語となっています。前回の記事では「主題性」という概念について紹介しましたが、ある意味「性冷淡」も性冷淡系レストランなど主題性の一つとして扱われている傾向もあります。具体的には、無印良品の家具のようなテイストがその代表例の一つとして認識されています。

 そもそもこの性冷淡という言葉自体は読んで字のごとく、性に対して淡白、性欲減退を指し示す言葉でもありますが、もちろんそうした主義主張を振りかざした思想に根付いているわけではありません。ニューヨークのファッショントレンドにおいて「ノームコア」という概念が登場し、それを中国語で翻訳した場合に性冷淡という用語が使用されているようですが、この二つの言葉を見比べてどうもしっくりこない方も多いと思います。

 日本でも欧米のトレンドや概念が持ち込まれる場合、意味の歪曲や一部分だけを切り取って紹介されることもありますが、ノームコアが性冷淡として中国に持ち込まれる上でも同様の事態が生じているようです。

 先に紹介したように無印良品のインテリアをはじめ、元々の由来であるファッションで言えばジル・サンダーやA.P.C、アニエス・ベーなどが性冷淡の代表例としてよく挙げられています。要するに、シンプルであることがベースとされているようですし、さらに大きな括りとしてはミニマリズムを指す概念として「極簡主義」という言葉も頻繁に併用されています。

 しかし、ブランド名が先行してしまうと「ノームコアとはそういうことなのか?」という疑問が拭えません。アメリカや日本でのノームコアに関する紹介としてはシンプル以上に「普通」や「普段着っぽさ」が重要視されていると思いますが、ジル・サンダーという高価なブランドが真っ先に登場してくる話にはなりません。そうすると、ノームコアにヒントは得ながらも、翻訳語というよりは中国で独自に発達しているトレンドであると考えた方が良さそうです。

 性冷淡について大枠でその構造を捉えるとすれば、中産階級を表す「小資」というかつては贅沢を好んでいた消費者層の中において、以前にもこの連載で紹介した「文芸青年」のようなシンプル主義の価値観が融合し、さらに近年の「KINFOLK」のようなポートランドのライフスタイル、ノームコアというトレンドの一部の要素が結合したことで性冷淡の土壌が出来上がった、というところでしょう。

 タイトルではノームコアの誤解、と銘打ちはしましたが、実際には直接翻訳した概念を持ち込んだのではなく、中国都市部の今起きている現象や価値観と照らし合わせた上での近似概念として流布されていると考えられます。

 また、少々皮肉ではありますが、「普段着がかっこいいよね」というのは、野暮ったいとはいえ一定「普通」とされる服装が標準とされているからこそ為せる技でもあり、今の中国で「普段着」がファッションと広めたところでどうやってもオシャレには程遠い現実も無視することはできません。現代的という意味での文化的発展が出遅れてしまった中国であるがゆえに、あくまで以前までの派手さ、豪華さをそぎ落とすという形でしかノームコアという概念を輸入できない涙ぐましい現実もここにはあるのです。