プーチン大統領が岸田文雄外務大臣との会談に意図的に遅刻か 旧ソ連時代の手法踏襲

記事まとめ

  • 岸田文雄外務大臣がモスクワを訪問したが、プーチン大統領は会談に2時間遅れたと報道
  • プーチン氏は岸田氏と会う直前まで、国内行事で延々と演説をしていたという
  • 相手に心理的プレッシャーを与える外交テクニックは、かつて共産圏が好んでいたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております