中国からの輸入品が日本に運んでくる「殺人虫」の恐怖

中国の輸入品からヒアリ、フタトゲチマダニなど『殺人虫』が流入するリスク

記事まとめ

  • 中国の輸入品からヒアリのような『殺人虫』などが流入するリスクがあるという
  • タイワンタケクマバチ、ムネアカハラビロカマキリは日本に上陸し害が指摘されている
  • 海外死亡例もあるツマアカスズメバチや、既に甚大被害を生んだフタトゲチマダニも流入

中国からの輸入品が日本に運んでくる「殺人虫」の恐怖

中国からの輸入品が日本に運んでくる「殺人虫」の恐怖

ツマアカスズメバチ(環境省提供)

 安くて便利な中国製品をネットで購入。「安かろう、悪かろう」と覚悟していたが、家に届くとこんな「余計なもの」まで付いてくるとしたら──。

 5月10日、大阪府八尾市の民家で、猛毒を持つ特定外来生物・ヒアリの女王アリの死骸が発見された。家電製品の段ボール箱を開封すると、内部に混入していたのだ。この製品が中国・広東省の工場で梱包されている。

「ビニールテープで密閉され、出荷過程で開けられていないにもかかわらずヒアリが混入していたため、中国から運ばれてきた可能性が高いという結論になりました」(環境省近畿地方環境事務所)

 ヒアリは昨年5月、広東省の南沙港から運ばれたコンテナ内で見つかって以来、同11月までに12都府県で計6500匹以上が確認されたが、一般家庭内で発見されたのはこれが初だった。

 ヒアリは気温が高まると活動を活発化させるため、環境省は今年の5月7日、中国からの定期コンテナ航路がある68港湾で水際作戦の開始を発表したばかりだ。

「ヒアリに刺され、体がアナフィラキシーショックを起こした場合、めまいや頭痛、呼吸喪失などを引き起こします。海外では死亡例も報告されています。私が現地調査した中国南部の広州では、5メートルおきにヒアリの巣がある地域もあり、観光客がいつ刺されてもおかしくない状態でした」(九州大学ヒアリ研究グループ代表で九州大学准教授の村上貴弘氏)

◆食料品にも紛れる

 こうした外来生物の多くは、主に中国からの輸入品に“寄生”する形で上陸している。近年、刺害が相次いでいる中国や台湾原産の外来種・タイワンタケクマバチもそうだ。

「タイワンタケクマバチは枯れた竹に営巣するため、竹材を使った製品に混入して日本に入ってきていると考えられます。毒のある針で刺して、人間に被害を与えることもあります」(前出・村上准教授)

 この獰猛な蜂は愛知県を中心に、民家の水道用ホースを食い破る被害を引き起こしている。国立環境研究所生物・生態系環境研究センター室長の五箇公一氏が指摘する。

「近年、外来種のムネアカハラビロカマキリは、中国から輸入された竹ボウキに卵が付着していた例がいくつもあります。日本の伝統的な掃除用具である竹ボウキさえ、中国からの輸入に頼る現在では、こういう侵入の危険が増えています」

 人間に直接、害を与えることはないとされるが、生態系の破壊という危機を導く可能性が指摘されている。

 猛毒を持ち、海外では死亡例も報告されている中国原産のツマアカスズメバチは、日本では2012年に発見された。食料品などに紛れて船で渡ってきた可能性が指摘されている。すでに日本で甚大な被害を生んでいる虫もいる。

「中国で2011年に見つかった、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)ウイルスが今、日本に入ってきています。フタトゲチマダニなどが媒介しますが、羽毛製品に紛れて中国から上陸した可能性も指摘されています。SGTSに感染すると白血球の減少など様々な障害を来たし、死亡する可能性もある」(前出・村上准教授)

 ウイルスの致死率は高く、昨年までに国内で、高齢者を中心に61人が死亡しているという。

◆コンテナ内で拡散

 なぜ、次々と入ってくるのか。中国事情に詳しいジャーナリストの奥窪優木氏が言う。

「近年、中国政府は生産拠点の内陸移転を進めており、害虫だらけの山や野原の真ん中に設けられた工場や倉庫も増えた。そうした場所で製造や梱包される製品に害虫が混入するリスクは、以前よりも増しています」

 さらに、輸入形態の変化も背景にあるようだ。

「財務省の貿易統計では、20万円以下の『少額貨物』は含まれない。今、拡大しているのは個人輸入や手荷物で持ち込まれる貨物です」(同前)

 インターネットを通じて海外の業者から商品を買う「越境EC(電子商取引)」や「個人間取引」で、中国からモノを買う機会も増加している。こうした個人間取引でやり取りされる商品は統計にも表われず、検疫を通ることもない。日本の物流企業の上海駐在員が言う。

「越境ECは多くの場合で小口輸送なので、他の積み荷とともに一つのコンテナに混載されて送られる。その中で別の積み荷に付いていた虫が、他の荷物に移動する可能性はあるでしょう」

 政府は港湾での駆除など対策を進めているが、害虫の侵入は止められていない。検疫に詳しい関西福祉大学の勝田吉彰教授は、流入対策の難しさをこう話す。

「中国からの出荷時に、コンテナに殺虫剤やベイト剤(毒餌)を設置すれば、日本に来るときには害虫は死滅する。しかし、混載便ではコンテナに複数の荷主が存在し全員の了解を取りにくい。さらに費用負担も問題になっています」

 ヒアリの侵入防止については、環境省は中国側にも対策を求めているが、現在のところ動きはないという。日本の消費を中国製品が支えているのは事実だが、こんな“オマケ”は勘弁してほしい。

※週刊ポスト2018年6月1日号

関連記事(外部サイト)