北京大学入構に顔認証システム 民主化運動阻止の狙いも

北京大学入構に顔認証システム 民主化運動阻止の狙いも

大学にも監視の目は注がれている

 中国の名門、北京大学では7月からキャンパスに入る門に顔認証システム機器を設置して、学生や教員、職員らのデータを入力し、個人が特定できるシステムの運用を開始した。設置の理由について、大学側は「暴漢やテロリストから学生らを守るため」などと説明しているが、北京大学は1989年の天安門事件など歴史的に学生運動の先駆けとなっており、個人を特定して、民主化運動を阻止する狙いがあるとの指摘が出ている。

 北京大学では南東門で正式に顔認証システムを導入したほか、南西門でも試用期間を設けて、9月の新学期から正式に運用を開始する。

 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」の記者が南西門で取材したところ、多くの学生や職員らに顔を撮影され、従来のIDカードのデータと一緒に照合する作業を行われた。

 従来は職員が学生のIDカードを個別にチェックしていたが、顔が認証システム機器に入力されると、一瞬で個々人を識別できる。このシステムは写真データ10万枚に対応しており、ゲートを開ける際には、即座に数万枚のデータの中から認証中の顔と特徴が同じものを正確に探し出すことができるという。

 北京大学では監視カメラが寄宿舎や図書館、体育館、教室などに設置されているが、今後は順次、これらの監視カメラに顔認証機能を加え、個々の学生や教員、職員のキャンパス内での行動がすべてチェックすることが可能になる。

 すでに、顔認証システムを導入している北京師範大学では画像だけでなく、声からも個人を特定できる機能も加わった個人認証機器が設置され、学内で運用されているという。

 中国全土では北京語や広東語、上海語、福建語のほか、チベット語やウイグル語などの少数民族が使う方言を合わせると26言語にも及ぶが、この機器を使うと、これらの言語を解読し、学生らの個人個人の音声データを分析して、個人を特定することが可能だという。

 同紙(電子版)の書き込み欄には「これらの監視カメラや認証システムはテロを防ぐ目的で導入されているが、中国の場合、民族運動や民主化運動を阻止するために使われるのではないか」との声のほか、「アメリカなど西側の国々のスパイは今後、北京の街を歩けなくなるのではないか」との指摘も出ている。

関連記事(外部サイト)