先物詐欺に少女10人が関与、「投資してくれたら…」と誘う

先物詐欺に少女10人が関与、「投資してくれたら…」と誘う

少女たちが先物詐欺に関与

 香港警察は7月上旬、金の先物取引に絡んで、詐欺行為を行っていた先物取引企業2社の経営者やコンサルタントら、10代の少女10人を含む64人の詐欺グループを逮捕した。被害総額は2600万香港ドル(約3億4000万円)に及んでいる。

 このうち、10代女性の10人のグループは「スター・コンサルタント」との肩書で、とりわけ富裕層の男性投資家33人を担当し、1900万香港ドル(約2億5000万円)をだまし取っていた。最も被害が大きかったのは中国大陸の投資家男性で、180万香港ドル(約2400万円)もの金をつぎ込んでいた。少女のなかには、性的関係を結ぶことを条件に、金を引き出していた者もいたという。

 香港メディアによると、香港警察は300人の捜査員を動員して、先物取引企業2社の本社や6支店、27カ所の事務所を一斉に家宅捜索し、18歳から53歳までの計64人を逮捕。さらに、250万香港ドルの現金と630万香港ドル相当の高級車4台、5200万香港ドル相当の6件の高級マンションなどの不動産物件を押収した。

 被害者はまず最低1万香港ドルで、ロンドンの金の先物取引所から金を購入。その時々の金の値段の変動を受けて、売り買いを繰り返していた。この売買取引を360回も繰り返していた投資家もいたという。

 とりわけ被害額が多かったのが10代の少女10人による「スター・コンサルタント」グループの顧客で、その被害者はすべて男性で、香港人が11人、中国大陸在住が9人、そのほか13人が外国籍だった。

「スター・コンサルタント」はSNS上で、ロンドンの取引所で直接、金を取引できると偽り、投資を呼びかけ、「金の値段が下がり、損をした」と言っては、再投資をさせていた。被害者男性のなかには、1回もスター・コンサルタントに会ったこともない投資家もいたという。

 少女の中には、「もっと投資をしてくれるのならば、性的な関係を結んでもよい」などと誘う手口を使っていた者もいたという。少女らはほとんどが中学校卒業程度の学歴で、繁華街で遊んでいたところをスカウトされたり、SNSの求人募集に申し込んでいたのがほとんどだった。

 少女グループは昨年後半に結成されており、「トランプ米大統領による北朝鮮攻撃など米朝関係悪化による戦争が勃発すれば、金が値上がりして、多額の儲けを手にすることができる」などと煽り、朝鮮半島近海に向かう米航空母艦攻撃群の写真を材料に金の先物取引を持ちかけていたという。

関連記事(外部サイト)