89歳男性がヌードモデルとして活躍中、「希望の星」評も

89歳男性がヌードモデルとして活躍中、「希望の星」評も

中国に現れた「希望の星」はどんな人物?

 中国四川省の省都・成都市で、大学や美術クラブのヌードモデルとして活躍している89歳の老人男性が話題になっている。男性は妻と死別したあと、2人の子どもと絶縁状態で、1人暮らしだが、「ヌードモデルとして、ボディアートを楽しんでいる。いまの生活は充実していて楽しい」と笑顔で語るなど屈託がなく、“おひとりさま”な老後を楽しんでいるようだ。

 この老人は王蘇仲さんで、もともと洋服の仕立てを仕事にしていたが、いまは引退。約20年前に妻を亡くしてから、2人の息子と仲違いし、息子たちから「もう、お父さんの面倒は見ない」といわれた後ずっと会っていない。食事は自炊で、洗濯なども自分でしているという。

 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が四川省の自宅で王さんに取材した際、「息子さんとは、たまにでも一緒に食事をすることはあるのですか」と尋ねると、「まったく会っていないよ。息子たちのことは聞かないでほしいね」と答えたうえで、次のようにも話している。

「彼らが私のことをどう思っていようと関係は気にしないし、関係はない。彼らが年をとったとき、今度は彼らが寂しく思う番がくるでしょうよ」

 王さんは6年前に、ある大学の美術教室の先生から「若い女性のヌードモデルはたくさんいるが、老人のモデルはまったくいない」などと言われて、ヌードモデルの誘いを受けた。

 当時は定収入がないこともあって引き受けたものの、最初は恥ずかしかった。だが、「王さんの身体の線はすばらしい。老人とは思えないほど張りがある」などと誉められ、いつしか「ヌードモデルとして自覚ができ、誇らしく思うようになった。いまは毎日が非常に楽しい」と語るようになった。

「老人のヌードモデルが活躍している」と成都市内で、王さんのことが大きな話題になると、2013年には映画の出演依頼まで舞い込んだほどだ。

 王さんについて、ネット上では「引退した我々にとって、希望の星だ」とか、「人生をエンジョイしている素晴らしい人物」「芸術が彼の孤独を救ってくれたのだ」との好意的な書き込みが目立っている。

関連記事(外部サイト)