メーガン妃にキャサリン妃がイラッ、英国王室「嫁嫁戦争」

イギリス王室のキャサリン妃とメーガン妃に亀裂か エリザベス女王の贔屓が原因とも

記事まとめ

  • 5月にヘンリー王子と結婚したメーガン妃に対してエリザベス女王が贔屓しているという
  • これに対してウイリアム王子の妻・キャサリン妃がイライラを募らせているそう
  • 女王がメーガン妃に特別に目をかけるのは、ダイアナ妃の死への反省もあるとも

メーガン妃にキャサリン妃がイラッ、英国王室「嫁嫁戦争」

メーガン妃にキャサリン妃がイラッ、英国王室「嫁嫁戦争」

7月のウィンブルドン観戦で初の2ショットを披露(写真/Getty Images)

 近頃、イギリスの王室では、プリンセスの間に不穏な空気が漂っているという。英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さんが語る。

「この5月にヘンリー王子と結婚したメーガン妃(36才)に対し、ウイリアム王子の妻・キャサリン妃(36才)がイライラを募らせているといいます。というのも、最近のエリザベス女王はメーガン妃を明らかに贔屓するような言動が目につきます。一方、女王とキャサリン妃の間には距離がある。複雑な思いがあるのでしょう」

 最初にキャサリン妃が“女王のメーガン贔屓”にショックを受けたのは、昨年12月の英王室のクリスマスパーティーに、結婚前だったメーガン妃が招待されたことだったという。それまでは配偶者でないと声がかからず、キャサリン妃自身も結婚の翌年まで招かれなかった。しかし、メーガン妃には婚約中に招待状が届き、王族との晩さん会に出席してプレゼント交換をした。

 5月に結婚式を挙げると、贔屓はさらに加速。6月13日、エリザベス女王は自身の公務にヘンリー王子抜きでメーガン妃を同行させ、さらにはロイヤルトレインと呼ばれる蒸気機関車にも同乗させた。キャサリン妃はもちろん、2人の王子も公務で乗車したことはなく、“特別待遇”に周囲は驚いたという。

 さらに、6月26日には英国で活躍する若者を支援する『ヤング・リーダーズ・アワード』にヘンリー王子とメーガン妃が出席した。これまではエリザベス女王が熱心に打ち込んでいたイベントだが、今後は夫妻が引き継ぐ予定だと報じられた。ちなみに、キャサリン妃はこのイベントに一度も招かれたことがないという。

「エリザベス女王とキャサリン妃は、結婚間もない頃から不仲が盛んに報じられました。エリザベス女王はいずれ国王の妻となるキャサリン妃に、王室の一員として勤勉に公務を果たしてくれることを求めていた。

 しかし、キャサリン妃は結婚前、王子とのデートを優先させるため定職に就いていませんでしたし、結婚後も子育てに専念するため公務は控えました。それなのに、プライベートでは王子とテニス観戦をしたり、友人を宮殿に招いたため、エリザベス女王は“優先順位が違う”と怒った。“怠け者のケイト”とあだ名を付けるほどいらだちを感じていたそうです」(前出・多賀さん)

 メーガン妃は、そんなキャサリン妃とは対照的だった。

「女王はメーガン妃の意欲を高く評価しています。アメリカ人のメーガン妃は、結婚前にイギリス国教徒に改宗し、英王室へのリスペクトを見せました。これは婚約会見でヘンリー王子が明かしたエピソードですが、エリザベス女王とメーガン妃が初めて会ったとき、女王が飼っているコーギー犬がしっぽを振りながらメーガン妃に近づいたそうです。その犬は王子に対しては激しく吠えるそうで、女王はさらにメーガン妃を信用したといいます。また、メーガン妃が慈善活動に熱心で、ジェンダーや人種の平等について積極的に意見を発していたことも、好印象なのでしょう」(前出・多賀さん)

 女王が彼女に特別に目をかけるのは、ダイアナ妃の死への反省と、王室の将来を見据えた考えもあるという。

「ダイアナ妃はエリザベス女王やチャールズ皇太子から充分な指導を受けないまま公務に引っ張り出され、つらい思い、恥ずかしい思いをしたと離婚後に語っています。アメリカ人であるメーガン妃も、英王室で孤独を覚える可能性があります。女王は悲劇を繰り返すまいと、教えられることは教えたいと考えているのでしょう」(前出・多賀さん)

 そんな中、プリンセス2人の仲が疑われる決定的な“事件”が起きた。2人は7月14日、ウィンブルドンのテニス女子シングルス決勝を観戦。初めてのツーショットを披露した。テニスボール柄のフェミニンなワンピースのキャサリン妃と、ラルフローレンのブルーのストライプシャツを着たメーガン妃は、ロイヤルボックス席に並んで着席。しかし、この時のメーガン妃の行動に波紋が広がったのだ。

「英王室では当たり前に知られたことですが、その席では後ろの人に配慮して帽子を被らないのが常識で、席に持ち込むことすらマナー違反。ところが、メーガン妃は白い大きなパナマ帽を手に持ったまま観戦を続けていました。王室の先輩であるキャサリン妃なら事前に“帽子好きのメーガン妃に注意できたはずでは”と指摘されています」(前出・多賀さん)

 同世代の2人のプリンセスは、何かと注目され、比較されてきた。

「英国で生まれ育ち、大学の学友としてウイリアム王子と出会ったキャサリン妃に対し、メーガン妃はアフリカ系アメリカ人の母を持ち、裕福とはいえない家庭で育った。女優としてセミヌードを披露したことがあり、王子より年上でバツイチでもある。王室にふさわしい人物なのかという議論もありました。しかし結婚後は、新しい時代の象徴としてすっかり人気者になっています」(現地ジャーナリスト)

 嫁姑ならぬ“嫁嫁バトル”の勃発も英王室ならではか。

※女性セブン2018年8月16日号

関連記事(外部サイト)