金正恩の交渉カードになった39歳日本人の過去と政府の苦慮

金正恩の交渉カードになった39歳日本人の過去と政府の苦慮

金正恩のカードにされてしまう(朝鮮通信=共同)

「4人姉弟で上から3番目の長男だと思いますが、姉弟のなかで一番印象にないんです。母親からも彼についての話を聞いた記憶がなくて。それだけ“問題のない子”だったはずなんですが」

 そう語るのは、今月10日に北朝鮮で拘束された日本人男性A氏の一家と付き合いのあった近隣住民だ。

 A氏は39歳の映像クリエイター。中国の旅行会社が主催する観光ツアーを通して北朝鮮に入国したというが、拘束後の状況などは明らかになっていない。1999年にスパイ容疑で拘束され、2年2か月にわたり北朝鮮で抑留生活を送った元日経新聞記者・杉嶋岑氏が語る。

「Aさんが拘束されたという南浦は軍事施設のある港湾都市です。北朝鮮では基本的に、外国人が鉄道や空港、軍港などを撮影していたらスパイ扱いされて拘束されると考えていい」

 一体なぜA氏が北朝鮮に渡ったのか、判然としない。インターネット上で公開されているA氏の映像作品やSNSを見ても、政治や国際情勢に強い関心を持つ様子は見られなかった。

 A氏に映像制作を依頼したことのある音楽業界関係者も「ここ最近は連絡を取り合っておらず、渡航についても全く知りませんでした」と驚きを隠さない。

 関西地方にあるA氏の実家を訪ねた。街道沿いにポツンと建つ3階建ての家は1階部分が飲食店になっている。前出の住民によると、「母親が切り盛りしている」という。お盆休み中なのか、店は閉まっていたが、家から出てきた母親を直撃した。

 記者の呼び掛けに憔悴した面持ちの顔を上げた母親は、A氏のことを切り出すと、驚く様子もなく「何も喋ることはありません」と静かに告げてドアを閉めた。近隣に住むA氏の小学校の1学年後輩はこう話す。

「真面目で大人しく、試験でトップになるなど頭もよかった。“勉強のできる文化系”といった感じでしたね。ゲームが好きですごく上手でした。クラス内で目立つタイプではありませんでしたが、子供ながらに自分の意志は明確に持っていたような気がします」

 A氏は今後、どうなるのだろうか。解放を巡る“交渉”は一筋縄ではいきそうにない。

「安倍首相が早期解放を求めれば、北朝鮮にとって有利な交渉カードを与えることになりかねない。日本が拉致被害者の返還を求めても、北朝鮮は『まず、この人質はどうするんだ』という材料にできる。官邸は表向き平静を保っているが、今後は相当、苦慮することになる」(官邸関係者)

 対北交渉に、またひとつ難題が増えた。

※週刊ポスト2018年8月31日号

関連記事(外部サイト)