習近平氏の若き時代が美化されすぎとルームメイト暴露

習近平氏の若き時代が美化されすぎとルームメイト暴露

ルームメイトが苦言を呈した

 中国では習近平国家主席が文化大革命(1966~1976年)の10代から20代にかけての7年間、中国西北部の農村地帯、陝西省梁家河地区に下放されて、農作業などの重労働に携った時期を礼賛するキャンペーンが続いているが、当時の梁家河で6年間、住居が同室だったルームメイトは「当時の習近平は、いま言われているほど、充実した満足な生活を送ってはいなかった。政府は習近平の当時の生活を美化し過ぎだ」などと苦言を呈した。

 このルームメイトは雷平生氏。習氏より3つ年上の68歳で、薬学関係の化学者だったが、いまはすでに引退している。梁家河での習氏のルームメイトが、下放時代の習氏の生活の実態を生々しく語るのは珍しい。

 雷氏は文革期に幹部子弟が学ぶ小中高一貫教育のエリート校である「八一学校」出身で、習氏も父親が副首相だったこともあり、同校に学んでいた。

 しかし、二人とも毛沢東主席による「青年は革命精神を農民に学べ」との方針で、地方に下放され、同じく梁家河の農村で青春時代を過ごした。

 住居は洞窟を改造した「ヤオトン」と呼ばれるもので、雷氏は6年間、習氏と同じヤオトンで暮らし、農作業や重労働に従事した。

 そのときの習氏の生活について、中国政府は「習近平的七年知青歳月(習近平7年の知識青年の歳月)」という本を出版。これは、1960年代末の文化大革命期、都市の知識階層に属する青年を強制的に農村に送り込む「下放政策」によって陝西省延川県に送られた習氏と生活を共にした雷氏を含め、習氏と付き合いのあった人々へのインタビュー集だ。

 このなかで、習氏ら知識青年は「農作業、土木作業のほか、トイレ修理やメタンガス利用の発電設備の開発などに貢献し、人々に愛され、後々にも続く村人たちとの関係にはこまやかな情もにじむ」などと表現されている。雷氏はこの本の中で、「習近平は太平天国の乱を鎮圧した曽国藩の言葉『耐煩(煩わしさに耐える)』に度々言及し、『大事を成し遂げるには自己コントロールが必要』と語っていた」と証言している。

 ただ、雷氏は最近、香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」の単独インタビューで、「梁家河では40人のガイドが毎日1万2000人もくる観光客を相手に、習近平を神格化しているようだ。これらのガイドや幹部は実情をほとんど知らずに、あまりに習近平を賛美し過ぎている。ヒートアップし過ぎだ。もっとクールダウンしなければならない」と指摘。

 雷氏はさらに「私と習近平が過ごしたヤオトンは本当に粗末なもので、食べ物もひどいものだった。もっと真実に基づいて、当時の我々の生活を語るべきだ」と辛口の批評を展開している。

 雷氏は最後に「習近平はタフで、重労働に積極的に参加した。それに比べて、私は労働がいやで消極的だった。私が梁家河で過ごした6年間はただただ退屈なだけだった」と本音を吐露している。

関連記事(外部サイト)