中国湖南省 農民工の子供が私学に強制転校で警官隊と衝突

中国湖南省 農民工の子供が私学に強制転校で警官隊と衝突

警官隊も出動し大混乱に

 中国湖南省耒陽(らいよう)市で9月初旬、同市に転入してきた農民工(出稼ぎ労働者)の子弟らが公立小学校から私立学校に強制的に転校させられた。同市政府によるこの措置に怒った保護者や児童らが大規模な抗議デモを行い、警官隊と衝突し、デモ参加者46人が身柄を拘束され、警官30人以上が負傷する事件が起こった。

 デモ参加者は「小学校は義務教育だ。市政府は憲法でも保証されている子供の教育の権利を無視している」などと叫んで、ビール瓶やレンガなどを警官隊に投げつけるなどしたため、混乱が拡大し、市内中心部は一時騒然とした雰囲気になったという。米政府系メディア「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 耒陽市は農業と工業が盛んだが、特に石炭の重要な産地で、近年は中堅都市として不動産開発が盛んになっており、職を求めて多数の農民工が流入。このため、人口の増加とともに、児童数も急激に増えている。

 これに伴い、数校しかない公立小学校では1クラス当たりの人数が多くなり、教室数も足りないことから、市政府は5、6年生を中心に私立学校に転校させることを決定した。この対象となる児童は約1万人に達している。

 中国では9月3日が小学校の新年度だが、転校を余儀なくされた児童や保護者が8月末に私立学校に行ってみると、教室や学生寮はできたばかりで、室内からは有害な化学物質のような匂いもしたという。

 この私立校は全寮制で、学費のほか、寮費や食事代などで、これまでの公立校の10倍以上の年間1万元(約17万円)もかかることも判明。そのため、保護者らは9月1日、市内中心部の市政府庁舎前で強制的な転校に抗議するデモを行ったところ、警官隊が出動して、保護者ら数人を拘束。

 同日午後8時ごろ、保護者ら600人ほどが地元警察局庁舎の前に集まり、拘束されている市民を解放するよう要求したが、翌午前1時ごろ、警官隊がデモ隊に対して警棒などで襲いかかったため、デモ参加者がビール瓶やレンガなどで抵抗するなど騒乱状態に陥ったという。

 北京在住の教育問題専門家はRFAの取材に対して、「このような騒動は各地で頻発している。教育問題が発端だが、実は本当の原因は農民工に対する地元政府の差別的な対応にある」と指摘。地方の状況に詳しい専門家は「いま地方政府は教育問題ばかりでなく、収入格差などの社会問題に直面しており、住民の不満に対応し切れていない状況だ。不満はSNSで拡散しており、新たな問題が次から次へと起こり、地方政府の処理能力が追い付かないのが現状だ。今後もこのような騒動が頻発することが予想される」と分析している。

関連記事(外部サイト)