4日間行方不明の1歳10か月女児 村人700人で奇跡の発見劇

中国で1歳10カ月の女児が4日間行方不明も無事発見 「奇跡の救出劇」と地元の警察署長

記事まとめ

  • 中国内陸部の山村で1歳10カ月の女児が道に迷い、4日間も行方不明になった
  • 警察や住民ら約700人が捜索したところ、女児は急坂の途中の草むらから無事発見された
  • 72時間の壁を越えた救出劇で「まさに奇跡の救出劇」と、警察署長は振り返っている

4日間行方不明の1歳10か月女児 村人700人で奇跡の発見劇

4日間行方不明の1歳10か月女児 村人700人で奇跡の発見劇

中国で奇跡の発見劇

 中国内陸部、広西チワン族自治区の山村で、1歳10か月の女児が道に迷い、4日間も行方不明になっていたが、警察や住民ら約700人が草の根をかきわけるような捜索活動を行った結果、急坂の途中の草むらの中から発見され、奇跡的に一命をとりとめていたことが分かった。

 捜索活動の指揮をとった地元警察署署長は「行方不明から72時間以内に見つけないと生存率が急激に低下するが、その壁を越えた救出劇で、まさに奇跡だった」と振り返っている。地元紙「兪林日報」が報じた。

 この女児、シャオジャオちゃんは、8月下旬の午後、自宅の近くの山の中で、一緒に遊んでいた4歳と6歳のきょうだいとはぐれ、山中に迷い込んでしまった。夕食の時間がきても自宅に戻らないことから、夜中に家族総出で捜したが、その日は見つからなかった。

 シャオジャオちゃんがいなくなってから丸1日経った翌日の午後、父親が警察署に通報し、捜索を依頼。その際、警察署長は「捜索は早ければ早いほど見つかる確率が高くなるが、一夜明けて丸1日も経つと、行方不明者は遠くに行っており、心身の消耗が激しくなって、捜索活動は厳しくなる」と思ったという。

 とにかく、早期発見のために、人海戦術で捜索するしかないことから、警察署の警察官全員と地元住民ほとんどが捜索活動に参加。計700人あまりでシャオジャオちゃんを探すことになった。

 当時、この地域は雨期に入っており、数日間、雨が降り続いていたため、山道は滑りやすく、河川も増水していたことから、捜索は難航したという。

 捜索隊はまさに「草の根を分けて探す」という表現がぴったりなほど、草地をローラーするようにして山中の隅々まで這うようにして歩いたという。

 その結果、「川岸の上の坂の途中の草むらで、奇妙な音が聞こえた」との報告が警察署長に寄せられ、険しい坂を上って草むらの中を探したところ、木の葉をかぶって、泣き声を上げていたシャオジャオちゃんを発見した。

 シャオジャオちゃんは警官に背負われて、すぐに村の診療所に運ばれ治療を受けたところ、脱水症と打撲傷と診断された。水分の補給が十分ではなく、しかも急な坂を滑り落ちたらしく、体中が打撲傷であざだらけ。また、昆虫に体中を食われており、小さいキズが体一面にできていたという。

 ただ、シャオジャオちゃんが行方不明になった当日の夜にこの場所で動けなくなったことが逆に幸いして、雨水を取りつつ体力を温存して4日間も生きながらえることができたようで、「まさに奇跡の救出劇」(警察署長)だったといえそうだ。

関連記事(外部サイト)