ソウルの女王アレサ・フランクリンの壮大な葬儀、現地レポ

ソウルの女王アレサ・フランクリンの壮大な葬儀、現地レポ

2008年9月9日 ニューポート・ジャズ・フェスティバルで熱唱するフランクリン(写真/常盤武彦)

 アメリカ・デトロイトで8月31日に行なわれた葬儀には、クリントン元大統領、歌手のスティービー・ワンダーなどのセレブたちが参列し、スピーチや演奏でその死を悼んだ。

 魂の叫びのような歌唱力を誇り、1960年代から音楽シーンに君臨したアレサ・フランクリンは、「ソウルの女王」と讃えられ、1987年には女性として初めて「ロックの殿堂」入りを果たしている。

 黒人であり、女性であることの誇りを歌唱を通じて示した彼女は、全米の黒人にとって憧れの的だった。

 そんなアメリカの音楽界で最も尊敬されていた彼女が、8月16日に膵臓がんのために亡くなった。76歳だった。

 葬儀では、1985年のヒット曲『フリーウェイ・オブ・ラブ』の歌詞「ピンクのキャデラックに乗って愛の高速道路を走りましょう」にちなんで、会場の外に130台超のピンクのキャデラックが並び、着飾った黒人たちが多数詰めかけてフランクリンへの愛と尊敬をアピール。

 葬儀に先立つ8月29日から30日には、遺体の一般公開も行なわれ、こちらにも全米から多数のファンが駆けつけた。

 住民の80%超が黒人というデトロイトの街のあちこちには、「クイーン」「アレサ」「リスペクト」(彼女の最初の大ヒットのタイトルでもある)といった掲示も掲げられ、街を挙げて偉大な歌手との別れを惜しんでいた。

※週刊ポスト2018年10月5日号

関連記事(外部サイト)