中国人、スウェーデンでホテルを追い出され外交問題に

中国人、スウェーデンでホテルを追い出され外交問題に

外交問題に発展か

 スウェーデンの首都ストックホルムで、ホテル内のロビーに居座ろうとした中国人観光客の親子3人が警官によってホテルから引きずり出されて、10数キロ先の路上に放置されるという騒動があった。親子はこの模様を撮影した動画を中国のウェブサイト上で公開。中国外務省もスウェーデン政府に公式に抗議しているが、スウェーデン側は「中国人観光客が我が国の法を犯しており、警察の対応に何ら違法性はない」とコメントしている。

 米政府系メディア「ボイス・オブ・アメリカ」がストックホルムで観光業に従事しているスウェーデン人女性に取材したところ、彼女は「この10年来、中国人観光客のマナーのひどさや非常識さが、スウェーデンばかりか欧州諸国全体でも問題になっており、今回の騒動も、その延長線上あるのではないか」と指摘している。

 親子3人は宿泊予約よりもほぼ1日早い9月2日未明、空港からホテルに到着。ホテルは満室でチェックインできなかった。3人はそのままホテルに居座り、ロビーで一夜を明かそうとした。

 このため、ホテルのフロントの係員は「他の客の迷惑になる」などとして、警察に連絡。警察官はごねて座り込み泣き叫ぶなどする親子の両手両足を持って、ホテルの外に引きずり出した。

 親子が撮影した動画には、ロビー内で腹ばいになって動こうとしない父親、わざと自分から倒れこみ、女性警官が暴力をふるったかのように演技する息子、さらに「殺人だ」「助けてくれ」と座り込みながら叫び声をあげる母親が映っている。

 3人はホテルの外の路上でも大声で叫ぶなどしたため、警官は3人を、パトカーに乗せて、10数キロ先の墓地付近で降ろして、路上に放置した。

 中国では「中国人観光客がスウェーデン警察にいじめられた」との動画がインターネット上で拡散し1億3000万回も再生されている。ネット上では「(在中国)スウェーデン大使館に放火しよう」など過激な書き込みもあった。

 これを受けて、在スウェーデン中国大使館は9月16日、中国人の命を危険に晒し、基本的人権を侵害した」などとの声明を発表し、スウェーデン側の対応を批判した。

 ストックホルムのメッツ・エリクソン検察庁長官は、現地紙アフトン・ブローデッドの取材に対して、「警官の対応は何ら違法性がない適切な判断だ。警官は市街地で無秩序な行為をする人物に対して、今回のような対応をしている」とコメントしている。

 この騒動を報じた香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」(電子版)には約300件の書き込みがあり、「スウェーデン警察の対応はひどい。このような態度を改めるまでスウェーデンには絶対行かない」との声もある一方、「スウェーデンの警察は、この親子3人について『不法移民』と同じような対応をとったのではないか」との意見もあった。

関連記事(外部サイト)