中国で寄生虫被害続出、生きたカエル5匹飲んで13cm線虫など

中国で寄生虫被害続出、生きたカエル5匹飲んで13cm線虫など

衛生意識の向上は急務

 中国江西省南昌の病院で、てんかんの症状を訴える26歳の男性患者が診断の結果、脳内に寄生虫の一種の“線虫”が生息し、血液中を浮遊していることが分かった。医師は頭蓋骨の開頭手術を行い、10cmに達していた線虫を取り除くことに成功したという。

 この男性患者は肉の直火焼きを好んで食べており、まだ生焼けのままの肉を食べたことで、肉の中に寄生していた線虫の幼虫か卵が体内に入り、そのまま成長したとみられる。

 中国では汚染された水を浄化せずに飲んだり、生肉や魚の刺身を食べるなどして、寄生虫を体内に取り込む症例が多く報告されており、同じ江西省では今年5月、55歳の男性の脳内から30cmもの長さの線虫が発見され、やはり開頭手術で除去されている。

 線虫は血液中を浮遊して体内を移動しており、脳内に達して、そのまま脳内で浮遊するケースが多くみられるという。

 また、広東省でも最近、12歳の少女の脳内からも25cmの線虫が摘出されている。この少女は汚染された水を飲んだことで、水の中の線虫の卵か幼虫を呑み込んだとみられる。少女は時々、意識を失うなどの症状が出ており、病院で診察を受けたところ、線虫は少なくとも6年間、少女の脳内で生息したとの診断を受けたという。

 このほか、浙江省のリューマチを患っていた中年女性は「リューマチの治療には、生きたカエルを食べるのが良い」との民間療法を信じて、2013年5月、一度に5匹の生きたカエルを飲み込んだ。

 今年に入って、女性は胸にこぶ状の腫物ができたことに気付くと同時に激しい腹痛を起こして、病院に駆け込んだところ、胃や肺などに複数の寄生虫がいることが分かった。病院で摘出手術を受け、体内から13cmの線虫を取り除いた。

 中国当局が衛生観念の向上を訴え続けているのもむべなるかなだ。

関連記事(外部サイト)