LAタイムズ北京支局長 セクハラ告発を受け退職

LAタイムズ北京支局長 セクハラ告発を受け退職

北京でもセクハラ被害の告発

 米有力紙「ロサンゼルス・タイムズ」のジョナサン・ケイマン北京支局長が2人の女性からセクハラ被害の告発を受け、同紙本社の調査の結果、9月下旬に支局長を解任され、同社を退職していたことが分かった。ケイマン氏は中国駐在の外国人記者の集まりである中国外国記者協会(FCCC)会長も務めたほどのベテラン記者で、ジャーナリストとしてセクハラを糾弾する立場だっただけに、北京の外国人記者の間に衝撃が走っている。AP通信が報じた。

 ケイマン氏を告発したのは友人のローラ・タッカーさんと、北京で米紙ウォールストリート・ジャーナルとAFP通信の特派員を務めたことのあるソレシア・ソンメズさん。

 タッカーさんは2013年に北京の同じアパートの住んでいたケイマン氏に性的関係を強要され、拒否したところ、レイプされたという。その後も、ケイマン氏は執拗にタッカーさんに性関係を迫ったため、米国に帰国し、今年1月にはLAタイムズ本社に訴えた。

 これが表沙汰になり、ケイマン氏はFCCC会長を辞任していた。

 さらに、今年5月にはソンメズさんがケイマン氏にレイプされたと同紙本社に告発した。同紙はケイマン氏を停職扱いにして、調査を継続していた。

 ソンメズさんによると、FCCCの集まりの後、ケイマン氏がソンメズさんが運転するスクーターに同乗してアパートまで送ってもらった後、部屋の中で性的関係を迫り、いきなり襲いかかってレイプされたという。これについて、ケイマン氏は「双方の合意の上だった」と証言しているという。

 調査の結果、LAタイムズはタッカーさんとソンメズさんの2人の訴えを認め、ケイマン氏を解雇した。

 しかし非営利団体のオンライン新聞「香港フリー・プレス」によると、最初の告発後には多くの男性特派員がネットで被害者のタッカーさんを誹謗中傷していたという。

 この事件を報じたAP通信の記事を掲載した香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」の書き込み欄には、「地位と名誉がある男性をターゲットとして、性的関係をちらつかせて、男を台無しにしようとする、ごく一握りの女性がいることも忘れてはならない。目撃者がいなくても、訴えられれば、男が罪をかぶるというのは最近の風潮だ」との声があったのだ。

 その一方で、「常識的に、酒を飲んで女性と接するのは間違いの元だということを肝に銘じるべきだ」との意見も書き込まれている。

関連記事(外部サイト)