中国脱獄犯 警官1300人、村民1000人で即確保し警察に称賛の声

中国脱獄犯 警官1300人、村民1000人で即確保し警察に称賛の声

脱獄犯はなぜすぐ捕まった?

 日本では大阪・富田林警察署から逃亡した樋田淳也容疑者を大阪府警3000人体制で捜索したが、結果的に発見されたのは48日後、山口県内だった。しかも、樋田容疑者を捕まえたのは道の駅の万引きGメンの女性だった。

 ところ変わって、中国の首都・北京市に隣接する河北省承徳市の第3刑務所でも、囚人2人が脱獄し、30km先の遼寧省の農村に潜んでいることが分かり、警察官1300人が動員されたほか、村民1000人も道案内や山狩りに駆り出されるなどの大捕り物が展開された。このさなかに、パトカーで警戒に当たっていた警官2人が事故のため死亡し、他の2人が負傷するなどの不慮の事故が発生したものの、脱獄囚2人は身柄を確保された。中国各紙が報じた。

 脱獄囚2人の名前は王と張で、王は2013年に11歳の少年を誘拐し殺害。逮捕されて、裁判では死刑判決が下されたが、その後、無期懲役刑に減刑。張は1999年、強盗容疑で逮捕され、懲役7年の刑で服役し2006年に釈放されたものの、2年後に再び強盗容疑で逮捕され、裁判では終身刑を言い渡された。

 2人はこれまでの1回ずつ脱獄しているが、逃走途中に捕まり、今回は2回目の脱獄。2人は10月4日、刑務所のキーカードや警官の制服などを盗んで一緒に脱獄した。中国では10月1日が建国記念日に当たる国慶節で、土日を含めると9連休となっていたため、刑務所の職員も交代で休みを取っていたため警備は手薄で、その隙を狙って2人は脱獄。

 脱獄の発覚後、警察は緊急非常警戒態勢を発令し、1300人の警官を動員して厳重な警戒網を敷いた。それと同時に2人の情報を提供すれば10万元(約170万円)、さらに2人の身柄を確保した場合は20万元(約340万円)という極めて異例の懸賞金を出すと発表した。

 この法外な懸賞金の額にひかれて、情報が続々と集まったが、そのなかでも、その日の午前11時ごろ、刑務所から20kmの距離にある小さい食料品店に2人が現れ、白ワイン1本とビール6本、それに飲料水10本、ソーセージなどの食品の計130元(約2200円)相当の買い物をしたとの通報があった。さらに、午後5時ごろには河北省との境の遼寧省の農村で「2人を見た」との情報が寄せられた。

 警察は翌日午前中にドローンを飛ばして、目撃情報が出た周辺地域を捜索したところ、ドローン搭載のビデオカメラが2人を捕捉した。

 警察は直ちに、近隣住民らに連絡するとともに、村民1000人に動員をかけて、警官隊への道案内や先導を依頼。このうち、村民ら数人が周辺を歩いていたところ、2人が村民に「街に行くには、どの道を通ればいいのか?」などと道を尋ねたという。村民は2人と別れたあと、直ちに警察に通報し、その日のうちに、2人は警官隊に逮捕されたという。

 上海のニュース専門のウェブサイト「THE PAPER」は「さすがの凶悪犯も、村全体が警察の捜索隊に組み込まれているとは想像もできなかったに違いない。警察の大動員態勢が功を奏した」などと警察の対応を称賛している。

関連記事(外部サイト)