土葬信仰が根強い中国 「偽装火葬」用に調達された遺体、実は殺人だった

土葬信仰が根強い中国 「偽装火葬」用に調達された遺体、実は殺人だった

土葬用の遺体が実は…、という事件

 中国広東省陸豊市で2017年3月に起きた殺人事件が最近になって話題になっている。中国では政府が葬式は火葬にするよう義務付けているが、同市在住で、がんで亡くなった男性が死の直前、「葬式は土葬にしてほしい」と言い残した。そして、火葬にするための替え玉の遺体が必要となり、殺人に発展したという事件の真相が、4年後の今になって明らかになった。

 中国メディアはこぞってこのニュースを取り上げ、「農村部の人々の間では、遺体を燃やす火葬は不敬とされ、伝統的な土葬が尊重されるが、いまこそ、そのような古い考えを捨てるべきだ」との見方を紹介する一方、「霊魂を信じる伝統的な土葬を重んじる中国古来の考え方も尊重すべきだ」との相反する意見も伝えている。

 事の発端は、がんで死亡した男性の家族が男性の希望をかなえるため、知り合いに事情を話し、その知り合いが黄という男に「どこかで死体を調達できないだろうか」と相談したことからだった。

 家族は、黄がすでに死亡した人の遺体を手に入れると考えたのだが、黄は家族に知らせずに殺人を計画。黄は近くの街頭でごみ拾いをしていた男性、林小仁さんに声をかけ、自分の車に乗るよう説得。黄の家に連れていき、酒を飲ませて気を失わせ、殺害してしまった。

 黄は林さんの死体を棺に入れて、頼まれた家族に渡し、10万7000元(約180万円)を受け取った。このうち、黄が9万元、仲介した知り合い(後に死亡)には残りの1万7000元が渡った。

 家族は、棺の中に林さんの遺体を入れて、何事もなかったように荼毘に付した。男性の本物の遺体はひそかに伝統的な方法で土葬にされたという。

 その後、林さんの家族が警察に行方不明届を出して、林さんを探していたが、警察が真相を突き止めるまでに4年の歳月がかかった。懸命の捜査の結果、林さんが黄の車で連れ去られていたことが分かり、殺人が判明し、黄が逮捕された。

 黄は2020年9月、殺人罪で執行猶予付きの死刑判決を受け、上訴したが、棄却された。一方、黄に遺体の手配を頼んだ家族は、「死体を冒涜(ぼうとく)」した罪で有罪となったが、刑務所への収監は免れた。罰金を払ったかどうかは明らかではない。

 中国政府は経済発展に伴って住む土地が少なくなっていることから、火葬を義務付けているが、農村部では土葬信仰が強い。中国民政省が発表した2019年の死亡者に関する最新のデータによると、死亡した人の約52%、500万人以上が火葬されているが、それ以外の48%はどのような埋葬されたのかについては言及されていない。

関連記事(外部サイト)

×