金正恩総書記の外交活動の画報出版 韓国・文在寅氏の会談は全無視

金正恩総書記の外交活動の画報出版 韓国・文在寅氏の会談は全無視

なぜ文在寅氏の会談は掲載されなかった?

 北朝鮮の官営出版社は5月、金正恩朝鮮労働党総書記の首脳外交の記録写真をまとめた画報を出版したが、2018年の1年間で3回も会談した韓国の文在寅大統領との首脳会談の写真は1枚もなかったことが分かった。韓国以外の首脳との会談では、中国や米国、ロシアなどとの外交活動を記録した写真が掲載されており、省かれたのは文氏との会談だけだった。

 北朝鮮が金氏の首脳外交などを収めた画報から南北首脳会談のみを省いたのは、韓国との関係を「対外関係」とみなしていないとの可能性もあるが、いずれにしても、文氏との写真が掲載されなかったのは、南北関係の冷え込みが反映されたものとみられる。米政府系報道機関「ラヂオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 出版された画報は「対外関係発展の新時代を開いて」と題するもので、2018年3月から2019年6月までの間に、金氏が首脳らと会談をした際の写真を記録しており、今年5月に発行されている。中国の習近平国家主席、ロシアのプーチン大統領など友好国の首脳との会談をはじめ、トランプ米大統領(当時)との首脳会談の模様も収められている。

 同書は2018年6月のシンガポールでの史上初の米朝首脳会談について、「朝米(米朝)関係の新たな歴史を開拓した世紀の出会い」と礼賛しており、金・トランプ両氏の握手する姿や会談の模様、共同声明への署名、会談会場の全景、記念硬貨・切手、会談の内容など、写真を交えてこと細かに記載している。

 物別れと終わった2019年2月の米朝ハノイ会談についても、「知恵と忍耐を発揮すれば難関と曲折を乗り越え、朝米関係を発展させることができる」とする金氏の発言を紹介。2019年6月の板門店会談に関しても「根深い敵対国家として反目してきた両国の間に前例のない信頼が築かれた驚くべき事変だ」と指摘するなど、今後の対米関係改善に期待を持たせる記述が目立つ。

 北朝鮮の最友好国である中国の習氏との首脳会談については2ページ見開きで掲載するなど破格の扱いで、北朝鮮の中国に対する配慮が鮮明に現れている。とくに、北朝鮮は画報の出版に合わせて、北京の北朝鮮大使館や瀋陽総領事館、同総領事館丹東支部の中国3カ所で、金氏の中国訪問3周年を記念した写真展が開催するなどの力の入れようで「中朝蜜月関係」を誇示している。

 これとは打って変わって、画報には2018年に3回も会談した文氏との写真や記事すらもなく、文氏は全く無視されている。金氏の妹、金与正党副部長は5月2日に発表した談話で、韓国の脱北者団体が北朝鮮に向けて体制批判のビラを散布したことを非難し、その責任は「きちんと統制しなかった南朝鮮(韓国)当局が負うべきだ」と主張するなど、画報が南北首脳会談について一言も言及していないのは、韓国との関係断絶を印象付ける意図があるようだ

関連記事(外部サイト)

×