「ワクチン打ったらアイドルに会える」接種加速する中国のニンジン作戦

【新型コロナウイルス】中国では「ニンジン作戦」でワクチン接種が加速

記事まとめ

  • ワクチン接種で大きく後れを取る日本だが、中国では累計4億回を超えている
  • 中国でワクチン接種が加速する背景には「ニンジン作戦」があるという
  • 「牛乳一箱プレゼント」といったキャンペーンや「打つとSNH48に会える」というものも

「ワクチン打ったらアイドルに会える」接種加速する中国のニンジン作戦

「ワクチン打ったらアイドルに会える」接種加速する中国のニンジン作戦

世界トップクラスの速さでワクチン接種を加速させる中国(写真/AFP=時事)

 予約システムの欠陥や電話がつながらないなど、ワクチン接種をめぐりさまざまな混乱が続き、世界に大きく後れを取る日本。一方、中国ではコロナの蔓延がほぼ収束し、ワクチンの接種も累計4億回を超え急速に進んでいる。安全性や有効性を懸念する声も多いなか、14億人もの人口を抱える中国は、なぜ接種ペースを加速できたのか。背景には、中国ならではの“作戦”があるようだ。中国の経済、社会に詳しいジャーナリストの高口康太さんが解説する。

 * * *
「ワクチン? 私はいいや。昔から医者は嫌いだから」
「私は打たざるを得ないでしょう。職場が政府系ですし、中国共産党の党員なので、率先して見本になれと言われるに決まってます。仕方ないと諦めていますが、子どもには打たせないつもりです。」

 今年の2月ごろ、中国に住む友人とワクチンについて雑談していると、こんな消極派の意見が目立った。

 新型コロナウイルスの流行を見事に抑え込んだ中国政府。表向きは「政府万歳」と叫びつつも、裏ではこきおろしまくりというのが中国人民のスタンダードだが、日本やアメリカ、イギリスなどの「西側先進国」の惨憺たる状況を見聞きすると、辛口の人々も今回ばかりは「中国政府はよくやった」との意見が大勢らしい。それでもワクチンはどうも信じられないので、打ちたくないという人が多かった。

 まあ、その気持ちもわからないでもない。なにせ中国の新規感染者数は多くても1日10人あまり、感染者ゼロの日も多い。コロナの脅威なんぞさっぱり感じていないのだから、ワクチンを打つ必然性も感じないというわけだ。

 世界トップクラスの速さでワクチンの開発、量産に成功した中国だが、接種率をあげるのは大変だろう……などと思っていたのだが、どうやら大間違いだったようだ。

 中国国家衛生計画委員会は5月20日、記者会見を開いてワクチン接種状況について発表したが、19日に時点で接種回数は約4億5000万回に達しているという。接種ペースは加速しており、12日から19日までの8日間での接種回数は1億回を超えた。

 菅義偉首相は「1日100万回の接種を目指す」と発言したが、日本では実現はちょっと厳しいという声もある。ところが中国では、その10倍以上の接種回数をすでに実現し、なおも加速しているというわけだ。中国政府はどのようにして、嫌がる人民たちにワクチンを受け入れさせたのか。

あの手この手の「珍作戦」

 前述の「共産党員だから拒めない」という人しかり、無理強いしたのではないか。そう考える方もいるだろう。これもあながち間違いではない。共産党員や軍人、警官、消防署といったお役所系の仕事から、タクシー運転手などの交通関係、物流業、空港や港湾のスタッフ、料理人といった感染すれば多くの人に移す可能性のある仕事に就いている人は、接種を拒否すれば仕事を失いかねない。また、下っ端役人が接種率を引き上げて業績にするべく、強圧的に民草にワクチンを接種させたという話もあったようだ。

 だが、強制力だけで人はなかなか動かない。「そこまで無理強いされるなら全力で逃げ切ってやる」という人が一定数出るのが人の常だ。中国政府もそのことはよくわかっていて、4月11日には「ワクチン接種強制は正さなければならない」と表明し、無理強いはダメだと釘を刺している。科学的知識を普及し、啓蒙活動によって納得したもらったうえで、ワクチンを接種してもらう。そうすることで、人民の幸福感、安全感につながるのだというお達しだ。

 しかし、強制だけではなかなか人が動かないのと同様に、啓蒙活動でも人はなかなか納得してくれない。ではどうするのか……という時に、今、中国で炸裂しているのがニンジン作戦である。

「ワクチン打ったら、牛乳一箱プレゼント!」
「うちは卵と食用油、どちらか選べます」

 といった具合のキャンペーンを展開している基層自治体が多い。中には「ワクチン打ったら抽選券、一等賞には電動自転車をプレゼント!外れはポケットティッシュだけど」という商店街のくじのようなキャンペーンを展開しているところもある。

 こうしたオモシロ・キャンペーンの中でも、話題となったのは、上海市虹口区。5月4日、5日の両日に、アイドルグループ「SNH48」(上海48)の専用劇場入口に接種車が手配され、ワクチン接種が行われたのだとか。現場にはSNH48のメンバーも登場したという。「今、(ワクチンを打つと)会えるアイドル」という新ジャンルである。

 牛乳、卵、そしてアイドル……とニンジン作戦炸裂で接種率が爆上がり中の中国。これだけ接種者が増えてくると、不思議なものであれだけ嫌がっていた人々も「私も打っておくか」という気分に変わるらしい。

 14億人という世界一の人口大国を統治するのは容易ではない。お医者嫌い、注射嫌い、政府の言うことは信じないといった、一癖も二癖もある人民もごまんといる。そうした人々にどうワクチンを打ってもらうのか。珍作戦、ニンジン作戦とあの手この手を使った中国政府の取り組み、今のところは順調に進んでいる。

【高口康太】
ジャーナリスト。翻訳家。千葉大学人文社会科学研究科(博士課程)単位取得退学。中国の政治、社会、文化など幅広い分野で取材を行う。独自の切り口から中国・新興国を論じるニュースサイト「KINBRICKS NOW」を運営。著書に『現代中国経営者列伝』(星海社新書)など。

関連記事(外部サイト)

×