トランプ、金正恩、習近平 筆跡から見る性格と相性

トランプ、金正恩、習近平 筆跡から見る性格と相性

強面はストレスの裏返しか(AFP=時事通信フォト)

「字は人を表す」の言葉通り、筆跡からその人の性格や人柄、運気まで診断する「筆跡心理学」が存在する。筆跡診断士の資格を持ち、筆跡アドバイザーとしても活躍する書家の高橋史氏が、世界情勢の鍵を握るドナルド・トランプ・第45代アメリカ合衆国大統領、金正恩・朝鮮労働党委員長、習近平・中国国家主席の筆跡からその性格と相性を診断する。

◆トランプ大統領と金委員長の署名(2018年6月と2017年7月)

【総評】左は2018年6月米朝首脳会談の共同声明の署名で、トランプ大統領(左)と金委員長(右)。右は2017年7月の大陸間弾道ミサイル発射実験の実行を命じる金委員長の署名。

「トランプ大統領は字間が狭く、ストレスが溜まっている印象を受けます。トランプ大統領は縦長、金委員長は横長と相反する特徴があり、逆に共通するのは字の線と線の間の隙間が非常に狭い点。隙間が狭い筆跡の性格は相手を受け入れない傾向が強い。米朝交渉も難航を極めそう」(高橋氏、以下同)

【1】トランプ氏の尖っている箇所の筆跡に、トップに立ちたいという心理が強く出ている。攻撃的な主張をする刺々しい感じが伝わる。

【2】金正恩氏は各文字と書名全体が右上がりになっている。右上がりは伝統を重んじ保守的な性格を表わす筆跡。右上がりの度合いが強すぎると独裁志向が強まる。

【3】横線同士の間隔が狭いのは、相手を受け入れない性格。この署名は米朝首脳会談前年のもので、【2】の署名よりも右上がりが激しく、国際社会での孤立に焦る心情が滲み出る。

◆浙江省書記だった2005年に書いた習近平氏の署名

【総評】浙江省書記当時の2005年、北京の日本大使公邸夕食会のメニューに書いた署名。「右上がりの金委員長に対し、右下がりの習主席は革新タイプと言えます。字の中の空間がたっぷりあるのは人の意見を聞く性格を表わすので、トランプ大統領よりも頭は柔らかそうです」

【1】カリスマ性を表わす丸く大きな弧。

【2】へそ曲がりな人に多い右下がりの筆跡。

【3】長い縦線は、向上心の強さを表わす。

●たかはし・ふみ/1979年生まれ、東京都出身。セミプライベート書道・ペン字レッスンを実施する書道サロン「墨麗」主宰。書を通して麗しき社会の実現に貢献しようと、書道家のかたわら筆跡アドバイザーとしても活躍中。

※週刊ポスト2019年5月31日号

関連記事(外部サイト)