たけし付き人・ゾマホン「母国で選挙活動中に命を狙われた」

たけし付き人・ゾマホン「母国で選挙活動中に命を狙われた」

母国の政治不安と、自身の身に起きた命の危機を熱く語ったゾマホン氏

 今年で来日25年を迎えたゾマホン・ルフィン氏。ビートたけし氏の付き人にして元ベナン大使という異色の経歴を持つ。1990年代後半に『ここがヘンだよ日本人』でデビューし、日本のテレビ界を席巻した外国人タレントでもある。

 そんなゾマホン氏が、母国ベナンで日本の国会にあたる国民議会の選挙に出馬しようとしたところ、命が脅かされるほどの事態に直面したという。

 1990年以降、選挙による政権交代が繰り返され、アフリカ諸国のなかでも“民主主義が根付いている”と見られていたベナンで、一体何が起きているのか。命からがら日本に戻ったゾマホン氏に話を聞いた。

「4月28日はベナンの国民議会選挙の投票日でした。それまでの数か月、私は野党FCBEの候補者として出馬するため、ポスターやパンフレットを作り、自分の選挙区に加えてベナン各地を遊説して回りました。ところが投票日の3週間前になって、野党は政党としての資格を剥奪され、選挙に参加できなくなったのです。選挙に出たのはタロン大統領を支持する2つの政党の党員だけでした」

 日本でアルバイトをしながら上智大学大学院で学んだ1990年代当時から、「日本とベナンの架け橋になりたい」との志を持ち続けていたゾマホン氏。タレント活動を始めてからも、私費を投じ、募金を集めてベナン各地に小学校を設立したり、貧しい村々に井戸を作るなどの教育支援・人道支援を続けてきた。

 それらの功績が認められ、2002年にはベナン国民栄誉賞を受賞。2004年には大統領特別顧問に就任し、2012年には駐日ベナン大使に任命され2016年まで務めた。今や母国でゾマホン氏を知らぬ人はいないほど、国民的人気を集めている。そんなゾマホン氏の動向は、野党支持者だけでなく、与党支持者からも注視されていたという。

「野党FCBEを率いるヤイ・ボニ前大統領から国民議会選挙への出馬の打診があったのは昨年のこと。師匠であるビートたけしさんのOKをもらって決意を固めました。

 ベナンでは昨年11月頃から私が選挙に出馬するとの噂が立ち、国中に知られることに。今年1月29日に帰国するまで、私の携帯電話に知らない相手からも『いつ帰ってくるのか』『いまどこにいるのか』との電話がひっきりなしでした」

 ベナンで待ち受けていたのは、ゾマホン氏の支持者ばかりではなかった。帰国当日の深夜、事件は起きた。

「私の自宅は首都コトヌーから北へ車で数時間行ったところにあります。そこに向かう間も、知らない番号からの電話は続きました。私が自宅に着く前の深夜11時過ぎ、敷地内に怪しい人影が複数いることに近所の親戚が気付き、警察に通報しました。その後駆け付けた警察との間で、銃撃戦が起きたそうです。彼らは警察により、その場で射殺されました」

 ゾマホン氏の自宅にいた“銃を持った男たち”の素性や目的などは不明だが、ゾマホン氏がもしその場にいたら、命が危険に晒されたであろうことは容易に想像できる。

 そうした事件のほかにも、「政権交代」の引き金になりかねないゾマホン氏や野党候補者の出馬を、何としてもやめさせようとする“力”が働いていたようだ。

「野党を選挙から締め出す4月以前から、政権側は信じられないような立候補の条件を課していました。選挙に出馬するための供託金として、立候補者それぞれに2億4900万CFAフラン(日本円で4980万円)を払うよう求めたのです。こんな大金、ベナンで用意できる人は誰もいません(編注:ベナンの国民1人あたりの年間所得は約9万円)。それでも私は何とかそのお金をかき集めて立候補しました。

 全国で選挙活動をしている間も、政権側の嫌がらせは続きました。私がベナンに設立した『たけし日本語学校』周辺に自動小銃を持った30人以上の軍人が現われ、3月からの1か月間、24時間の監視体制が敷かれたほどでした」

 選挙から野党が排除された後は、ヤイ・ボニ前大統領と共に有権者に「選挙のボイコット」を呼び掛けたゾマホン氏。その間、地方の田舎の村々にまで軍が派遣された。これはベナンの国政選挙で初めてのことだという。

「投票日の数日前には、ベナンで一番大きい市場に出向き、現政権による選挙制度の改悪に反対する演説を始めました。大きな人だかりができたところで、見張っていた軍の部隊が我々を取り囲んだ群衆に向けて催涙弾攻撃を始めたのです。私とヤイ・ボニ前大統領らはボディガードと共に車に乗り込み、その場を離れざるを得ませんでした」

 ベナンの混乱は選挙後の現在も続いている。

「5月2日には選挙の無効を訴えるデモ隊に向けて軍が発砲し、11名の死者が出ました」

 身の危険を感じたゾマホン氏は5月11日にベナンを出国。翌12日に日本へ帰り着いた。

「ヤイ・ボニ前大統領は現在、政権により拘束されたままです。弁護士や医師の面会も許されていない。ベナンの民主主義は、タロン大統領の強権的な政治姿勢のために危機を迎えています。こうした現状に対し、日本の政府やマスコミには、ぜひ行動を起こしてほしいのです」

 長年、日本とベナンの友好のために尽力し続けたゾマホン氏の悲痛な叫びが、ベナン国内を変えるのはいつになるのだろうか。

関連記事(外部サイト)