火炎瓶投げ込まれた香港デモ 警察はマフィアの関与示唆

火炎瓶が投げ込まれた香港デモ 警察は緊急記者会見でマフィア組織の関与を示唆

記事まとめ

  • 香港で6月9日に「逃犯条例(犯人引き渡し条例)」の改正案反対デモが行われた
  • このデモで、デモ隊が香港警察本部などに火炎瓶を投げ込んでいたことが分かった
  • 警察本部では緊急記者会見で「マフィア組織が関与していたとしか思えない」と警戒

火炎瓶投げ込まれた香港デモ 警察はマフィアの関与示唆

火炎瓶投げ込まれた香港デモ 警察はマフィアの関与示唆

不安定な状態は続く

 香港で6月9日に行われた「逃犯条例(犯人引き渡し条例)」の改正案反対デモで、デモ隊が香港警察本部などに火炎瓶を投げ込んでいたことが分かった。さらに、10日未明に民主派グループと警官隊が衝突した際、警察は数百人の身柄を拘束、19人を逮捕。その際、デモ隊側から火炎瓶や刃物など数十点を押収したという。警察本部では緊急記者会見で「マフィア組織が関与していたとしか思えない。今後は徹底的に取り締まっていく」と警戒感を露わにした。

 香港のデモは近年、平和的な雰囲気で行われていたが、このところデモ隊側が暴力的になっているとの指摘もある。2014年の雨傘運動では中国側が香港マフィアを雇って、わざと暴力事件を起こすように仕向けるなど、民主派勢力のイメージを悪化させる戦術も使われていた。米国政府関連の報道機関「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 香港では6月4日の天安門事件30周年の犠牲者追悼キャンドル集会には15万人が参加。その後の9日の改正案反対デモには100万人以上の市民が集まった。デモ参加者が100万人以上になるのは、1997年の香港返還反対デモ以来、初めて。

 このデモのさなかの9日午後3時ごろ、香港中心部のパオマティ警察署に、午後4時にはワンチャイ地区の香港警察本部にも火炎瓶が投げ込まれた。消火活動が早く、被害は軽微だった。

 さらに、デモ終了後の10日未明、民主派グループの一部が立法会周辺に集結し、幹線道路を封鎖しようとして警官隊と衝突した。前出の通り、警察は数百人の身柄を拘束し、そのうち19人を逮捕した。他のメンバーは釈放されたが、衝突現場周辺で火炎瓶や刃物など数十点が押収された。

 香港警察本部は11日、緊急記者会見を開いて、「このような物騒なものが押収されるのは初めてだ。これでは平和的なデモや集会でない。マフィア組織が関与しているとしか思えない。我々はマフィア専門の特殊部隊の出動も辞さない」と指摘した。

 香港情勢に詳しいジャーナリストの相馬勝氏は「平和的なデモのさなかに、警察署や警察本部に火炎瓶が投げ込まれるというのは、これまで聞いたことがない。長刀などの刃物の押収は2014年9月から12月までの雨傘運動で、民主派が占拠していた香港の下町、九龍地区のモンコックで見つかったことがある。モンコックは香港マフィアのアジトがあり、当時、中国政府がマフィアを雇って、騒動を煽動していたのではないかとうわさが流れたこともあるが、真相はいまだに藪の中だ」と指摘している。

関連記事(外部サイト)