レーダー照射、瀬取り… 韓国の主張と日本の正論【外交編】

レーダー照射、瀬取り… 韓国の主張と日本の正論【外交編】

韓国とはどう付き合う?(写真/EPARK=時事)

 韓国へのフッ化水素等の輸出管理問題やホワイト国からの除外など、一連の展開を受け、戦後最悪と言われる日韓関係。原因を紐解いていくと、韓国側が現実と乖離した極端な主張を繰り返していることが挙げられる。ここでは、外交分野で韓国が繰り広げている主張と、それに対して日本人が唱えるべき正論を整理して紹介する。

■韓国の主張
 韓国海軍による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題で、国防省が「照射はしておらずカメラ撮影のみ」と発表(2018年12月)。
□日本人が唱えるべき主張
 日本の哨戒機がレーダー照射の痕跡である特定電波を複数回確認。

■韓国の主張
 輸出規制問題の事務レベル会合で日本の規制措置撤廃を要求(2019年7月)。
□日本人が唱えるべき主張
 撤回要求はなく、議事録にも書いていない。

■韓国の主張
 北朝鮮の石油製品の瀬取り(洋上で物資を移し替える行為)に韓国籍タンカーが関与した疑いについて、政府は「関与していない」と主張(2018年5月)。
□日本人が唱えるべき主張
 日本の哨戒機が、韓国籍タンカーが瀬取りを行なう様子を捉えていた。

※週刊ポスト2019年8月9日号

関連記事(外部サイト)