韓国で慰安婦扱う反日映画続々、日本人の未来志向裏切る内容

韓国で慰安婦扱う反日映画続々、日本人の未来志向裏切る内容

元慰安婦に密着した映画が公開された

 この夏、韓国では燃え盛る反日の炎に油を注ぐがごとく、続々と「反日映画」が封切られる。慰安婦から徴用工までテーマはさまざまだが、その内容はいずれも“未来志向”の関係を築きたいと願っている日本人の思いを裏切るものだ。スクリーンに投影されるのは“忌まわしき日本”の姿ばかり。なぜ、こうなってしまうのか──。

◆日本の誠意は伝わらない

 今夏の新作「反日映画」で、まず目につくのは、これまでも数多くの映画で題材にされた“慰安婦もの”だ。

 7月25日には慰安婦問題をめぐる論争をテーマにした映画『主戦場』が封切られ、続く8月8日には、今年1月に92歳で他界した元慰安婦・金福童氏に密着した映画『キムボクトン』が公開される。

 そもそも慰安婦問題は、2015年末の日韓政府間合意で「最終的かつ不可逆的に」解決したはずだが、その後、文在寅政権によって合意は事実上破棄され、元慰安婦らを支援するために日本が10億円を拠出して設立された「和解・癒し財団」も、7月上旬、一方的に解散させられた。

 1990年代に始まった「アジア女性基金」による元慰安婦救済事業を始め、これまでの日本側の「誠意」を韓国側はことごとく退けてきた。

 まるで“慰安婦問題を解決したくない”ようにさえ見える対応を韓国政府が続けているから、客観的事実に基づかない「反日映画」の製作が止まらない状況がある。

 前述の『主戦場』の監督は、本作がデビュー作となる日系米国人のミキ・デザキ氏。日本、韓国、米国を取材し、慰安婦問題に詳しい歴史学者や政治家、ジャーナリストら総勢27人の論客へのインタビューを基に、ドキュメンタリー映画を仕立てた。

 同作品は、今年4月の日本公開直後から大変な物議を醸している。登場人物を「慰安婦=性奴隷」説肯定派と同否定(懐疑)派に分け、「(韓国が主張する)慰安婦20万人説は正しいか」「強制連行はあったか」「慰安婦は性奴隷なのか」などについて双方の立場から語らせているのだが、その構成を“恣意的”と批判する声は多い。

「例えば、性奴隷説に反対する藤岡信勝氏(新しい歴史教科書を作る会副会長)らにはテロップで『歴史修正主義者』や『否定論者』という文字を映し出し、彼らのインタビューの合間に日本の嫌韓デモや右翼団体の映像を挿入している。とても中立的とは言えない」(外務省関係者)

 ジャーナリストの江川紹子氏は自身のツイッターで〈作りのあまりのアンフェアさにうんざり。一人一人が考える機会をくれる作品かと期待していたけど、むしろ分断と対立を煽る作りに、かなり落胆した〉と作品を評した。

◆元慰安婦のあやふやな証言

『主戦場』を巡っては、出演した日本の保守系論客が出演依頼を受けた際、商業映画として一般公開する目的を伏せられていたなどとして、監督と配給会社を相手取り、上映禁止と損害賠償を求めて提訴している。

 この『主戦場』には、韓国人元慰安婦・李容洙氏も資料映像で登場する。1992年に元慰安婦として名乗り出た同氏は、当初「日本人の男からワンピースと革靴をもらって嬉しくてついて行った」としていた証言を、後に「脅されて連れて行かれた」と変えた。連行された当時の年齢も二転三転している。映画はそうした疑問を解消することなく、“証言者”として、その存在をさらに拡散していることになる。

 もう一つの慰安婦映画『キムボクトン』には、「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)」が名を連ねる。旧称を「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」といい、慰安婦問題では対日批判の急先鋒として知られる民間団体だ。

 元慰安婦を支援・救済するという目的を掲げながら、(小泉純一郎氏ら首相名の謝罪の手紙や見舞金を届けた)アジア女性基金や日韓慰安婦合意に反対し、問題の解決を阻んできた団体でもある。

 映画の主人公である元慰安婦の金福童氏は長年、この団体と行動を共にしてきた。今年1月に他界したが、前述の李容洙氏同様、その証言には疑問の声が上がっている。麗澤大学客員教授の西岡力氏が語る。

「1926年生まれとされる金氏は、1940年から8年間、アジア各地を転々として日本軍の慰安婦を強いられたと証言している。だがそれでは終戦後も慰安婦をしていたことになってしまう。一方では“11歳だった1940年から日本軍の慰安所で兵士の相手をさせられた”とも語っている。自らの生年さえ証言に揺れがあるのです」

 今回の映画はそんな金氏の晩年に密着したドキュメンタリーである。在韓国ジャーナリストの藤原修平氏は、この映画に込められた“意図”をこう解説する。

「金氏は慰安婦問題の先頭に立ってきた人物。亡くなったことで韓国社会全体から慰安婦問題の意識が薄れることを危惧して制作されたのでしょう。映画の予告編では、金氏を〈女性人権運動家、そして、日本軍慰安婦被害者〉と紹介しています。死してなお、政治団体のプロパガンダに利用されているのです」

 元慰安婦たちが、苦痛を経験し心身に傷を負ったことには日本政府も「心からおわびと反省」(2015年日韓合意)を表明してきた。それでも、亡くなった元慰安婦の姿までもが、日本を攻撃する材料として使われる。日韓の溝はあまりに深い。

 なお、8月7日には“朝鮮独立軍”と日本軍の戦闘を描いた『鳳梧洞(ポンオドン)戦闘』が、9月には韓国で“徴用工の悲劇”として語られてきた事件を描く『浮島丸』が公開予定となっている。

※週刊ポスト2019年8月9日号

関連記事(外部サイト)