忍者、蕎麦、桜… 韓国の主張と日本の正論【ウリジナル編】

忍者、蕎麦、桜… 韓国の主張と日本の正論【ウリジナル編】

韓国によれば「ソメイヨシノも韓国発祥」とのことだが…(写真/時事通信フォト)

 輸出管理問題など、一連の問題を受け、戦後最悪と言われる日韓関係だが、原因を紐解いていくと、韓国側が現実と乖離した極端な主張を繰り返していることが挙げられる。ここでは、「ウリジナル(韓国起源説)」として韓国が繰り広げている主張と、それに対して日本人が唱えるべき正論を整理して紹介する。ウリジナルとは、韓国語のウリ(我々)とオリジナル(起源)をかけた造語のことだ。

■韓国の主張
 忍者は新羅時代の特殊部隊「スルサ」が起源。
□日本人が唱えるべき主張
 平安末期の源平時代に発祥し、その後日本各地で忍者の集団が結成された。

■韓国の主張
 蕎麦は「メミルグクス」という韓国のそば粉麺を日本が模倣して作ったもの。
□日本人が唱えるべき主張
 作物としての蕎麦は奈良時代以前に中国から伝えられ、室町時代に麺料理として一般家庭にも広まった。

■韓国の主張
 剣道は韓国の剣術競技「コムド」が起源。
□日本人が唱えるべき主張
 江戸時代後期に発達した防具着用の竹刀稽古が起源。韓国には日帝時代に伝わった。

■韓国の主張
 柔道は中国から韓国に伝来したユスル(柔術)が源流で、豊臣秀吉の朝鮮出兵時に日本に伝わった。
□日本人が唱えるべき主張
 12世紀以降に確立された武士の合戦時の技芸を源流とし、江戸時代に武術の一つとして発展した。

■韓国の主張
 歌舞伎は百済時代の演芸「百済伎楽」が起源。
□日本人が唱えるべき主張
 戦国時代から江戸時代にかけて庶民の中で生まれた日本独自の大衆芸能。

■韓国の主張
 茶道は韓国由来のもので、新羅時代の礼法がそのまま日本に取り入れられている。
□日本人が唱えるべき主張
 遣唐使により中国から伝えられ、室町時代に体系化された。

■韓国の主張
 盆栽は14世紀に朝鮮半島で生まれた。
□日本人が唱えるべき主張
 遣唐使によって「盆景」として持ち帰られたものが、平安末期に日本で独自発展した。

■韓国の主張
 ソメイヨシノの原産地は韓国の済州島。
□日本人が唱えるべき主張
 江戸時代にエドヒガン(バラ科植物)とオオシマザクラの交配で生まれた日本原産の植物。

■韓国の主張
 寿司は韓国料理の「パプシッケ」(白身魚ともち米に唐辛子を混ぜて発酵させたもの)を模倣して生まれた。
□日本人が唱えるべき主張
 奈良時代には存在が認められており、室町時代に米と魚を一緒に食べる現在の寿司の原型が生まれた。

■韓国の主張
 和牛は弥生時代に朝鮮半島から日本列島に持ち込まれた牛を起源とする。
□日本人が唱えるべき主張
 明治時代に日本在来の牛と欧米の牛を掛け合わせて誕生した。

■韓国の主張
 日本酒は韓国のマッコリが起源。
□日本人が唱えるべき主張
 縄文時代後期から弥生時代前期には、米を原料とする酒が造られていたとされ、飛鳥時代には日本酒の製法が確立されていた。

■韓国の主張
 折り紙は韓国のコッカル(紙で作った頭巾)が起源。
□日本人が唱えるべき主張
 平安時代に公家の間で流行った、贈答品を紙で包む風習から生まれた。

※週刊ポスト2019年8月9日号

関連記事(外部サイト)