中国の学生4542人にセクハラ調査、23%が教員から被害

中国の学生4542人にセクハラ調査、23%が教員から被害

名門大学でセクハラが横行

 中国の名門大学のひとつ、南京大学で学生に対するセクハラ被害調査が行われ、教員からセクハラを受けた経験を持つ学生は全体の4分の1弱の23%で、キャンパスでセクハラ被害があると認識している学生は全体の4分の3に上っていることが明らかにされた。中国の大学で、学生を対象にしたセクハラ被害調査が行われ、公表されるのは初めて。

 中国ではやはり名門大学の北京大学や人民大学などでも女子学生へのセクハラ被害が明らかになっており、教員によるたび重なるセクハラに自殺に追い込まれた被害者も出ているなど、キャンパス内でのセクハラ被害は深刻なことがうかがわれる。中国中央テレビ局(CCTV)が報じた。

 調査は昨年5月、セクハラ被害防止を訴える非政府機関(NGO)にCCTVが協力して、南京大学の学生1371人に対してアンケート調査の形式で実施された。

 それによると、女子学生の16%がセクハラ被害を受けており、そのうち、加害者の3分の1が知り合いの男子学生だったが、他の3分の1は全く知らない男だったという。

 教員による被害が多かったのは文学部や経済学部の学生で、そのうちの被害女性は教授に音楽用の防音室に来るように言われ、暴行を受けたという。

 セクハラ被害を受けた学生に対する大学側の対応については、30%の学生が大学の事務局によって満足のいく措置をとってもらった。一方、残りの70%は訴えを無視されたり、「黙っていろ」と脅されたり、「被害に合わないように気を付けなさい」と諭されたりで、満足な対応はとってもらっていないという。

 しかし、中国での大学では近年、女子学生に対するさまざまなセクハラ事件が公になっている。昨年4月、南京大学の男性教授が、北京大学の教授だった22年前に女子学生を強姦し、学生は2年後に自殺したとする情報が中国のネット上で拡散。南京大学はこの教授を解雇。

 北京航空航天大学でも昨年4月、男性教授が十数年間にわたって少なくとも7人の女子学生にセクハラを行い、そのうちの1人を妊娠させたことが分かり、教授は解雇されている。

 南京大学など個別の大学とは別に、中国全体の大学のセクハラ問題を調査している広州性教育センターが4542人の学生を対象に行ったセクハラ被害調査では、全体の75%がセクハラ被害を受けたと答えており、「西側諸国とは違って、中国の場合、セクハラ被害に関する問題意識が低い。しかし、しかし、中国では教員の権力は絶大であり、学生は教員によるセクハラ被害を訴えにくく、その点でも中国におけるキャンパス内のセクハラ被害は深刻な問題だ」と同センターは結論付けている。

関連記事(外部サイト)