香港デモに参加したキャセイグループ社員解雇、中国政府圧力

香港デモに参加したキャセイグループ社員解雇、中国政府圧力

香港はいつ平穏を取り戻すのか

 香港では6月以来、逃亡犯引き渡し条例の改正案をめぐる抗議デモで混乱が続いているが、中国政府は香港のキャリアフラッグ、キャセイ・パシフィック航空やキャセイ・ドラゴン航空に対して強硬な姿勢をみせている。同社が、航空会社はデモに参加した社員や操縦士ら20人を解雇していたことが分かったのだ。

 すでに、キャセイグループのルパート・ホッグ最高経営責任者(CEO)も「もう責任を負えない」などといった声明を発表し辞任するなど、事実上の解任に発展している。

 中国当局による一種の“パワハラ”に対して、28日には香港中心部のオフィス街で、同グループ社員などを含む労組加入者ら2000人が抗議行動を行う騒ぎになっている。香港メディアが報じた。

 キャセイグループはアジア最大級の国際航空会社であり、世界の航空会社でも有数の優良企業だが、同社の貨物便と旅客便の70%は中国領空を通っている。だからこそ、中国政府の許可がなければ、経営が成り立たない立場にある。

 中国の航空行政を管轄する中国民用航空局は8月9日、キャセイに対し、中国本土行きの航空便の乗務員について身辺情報の申告を義務付けた。さらに、デモに関わった職員が本土での運航に携わることを禁じると通知したという。

 このため、経営陣は拡大する抗議デモへの参加を自粛するよう職員に非公式に伝えてきた。

 しかし、反対に若者らの行動に理解を示して、デモに参加する社員も増えてきたことから、同社は8月中旬、中国の要請に応えて操縦士2人を解雇。その後も解雇者は増え続け、現在では20人以上に及んでいる。

 ある社員は、フェイスブックにデモに賛同する書き込みをしたところ、直属の上司に呼びつけられ、フェイスブックに書いたことが事実だと確認すると、すぐに「解雇」を告げられたという。

 また、デモに参加して、警察に逮捕されたある社員は理由も告げられずに、一方的な解雇通知を突きつけられたという。

 一方、デモに参加して逮捕されたある女性社員は警察に拘留されている間、身体検査を名目にして、着衣を脱ぐように命令されるなどのセクハラを受けたとして、28日の抗議デモの際、警察の非道さを強く訴える場面もあった。香港では今後も当分、混乱は収まりそうもない。

関連記事(外部サイト)