香港“民主の女神”が独占激白 3度目逮捕と取り調べの実態

香港“民主の女神”が独占激白 3度目逮捕と取り調べの実態

香港警察に保釈され、記者団の取材に応じる民主派幹部の周庭氏(左)と黄之鋒氏(写真/EPA=時事)

 道のりは長かった。9月4日、香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)・行政長官が、刑事事件容疑者の中国本土への引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の撤回を発表した。

 6月以降、同条例に反対するデモに参加した市民1000人以上が逮捕された。

「市民は政府や警察に対してものすごく怒っています。条例の撤回は『五大要求』のひとつ。これからも残りの訴えを続けていきます」

 そう語るのは、香港バプテスト大学4年生の周庭(アグネス・チョウ)さん(22)。2014年の民主化デモ「雨傘運動」で学生を主導し“民主化の女神”と呼ばれた人物で、現在は民主派団体「香港衆志(デモシスト)」のメンバーでもある。

 周さんは雨傘運動時の2014年、香港行政長官選挙が行なわれた2017年に続き、今回のデモで3度目の逮捕を経験した。

「自宅に警察官が5人やって来て、ドアを開けるとそのまま警察署に連れて行かれました。取り調べと身体検査を受けて保釈されましたが、保釈金1万香港ドル(約13万円)を払い、夜11時〜朝7時まで外出禁止、香港から国外に出られない、といった制限がかけられました。今後は警察が許可しないデモに参加するとまた逮捕される可能性が高い。

 そもそも、今回の逮捕は、違法な集会を扇動したという容疑でしたが、今回のデモにはリーダーはいません。雨傘運動の時にリーダーだっただけで、私はいち参加者だったのです」

 8月には、無抵抗の市民に対して警察が暴力を振るったことが国際的に報じられたが、周さんは、拘束時の扱いについてこう明かす。

「取り調べではスマホとSIMカードを没収されました。データは抜き取られているでしょう。身体検査では女性警官にズボンも脱がされましたし、デモで逮捕された女性の中には男性警官にセクハラを受けた人もいると聞いています。私も前回の逮捕時は31時間拘束され、男性警官にずっと見張られていたので、シャワーを浴びることもできませんでした」

 周さんは「市民を守るはずの警察が暴力を振るう立場になった。安全でない社会になってしまったのが悲しい」と語る。

 条例は撤回されても、香港の未来を多くの人々が案じている。

※週刊ポスト2019年9月20・27日号

関連記事(外部サイト)