中国のモンスター乗客たち、バス運転手への暴力相次ぐ実態

中国のモンスター乗客たち、バス運転手への暴力相次ぐ実態

マナーに反する驚きの実態とは

 中国ではバスの運転手が乗客に殴打されるなどの暴力事件が多発している。最近でも江蘇省南京市で、31歳のバスの運転手が乗客の男から暴力を受け、一時は意識不明になり病院に運ばれ、数日間入院するという事件が起きた。運転手は、バス停で妊婦に配慮して乗車口から降ろしたことを「規則違反」と激昂した乗客に殴られたという。

 運転手は幸い命をとりとめたが、暴力をふるった男は他の乗客に取り押さえられ、駆けつけた警察官に逮捕された。四川省重慶市では昨年10月、乗客とバス運転手が喧嘩して、揚子江大橋からバスが転落して幼児を含む15人が死亡する事故があったばかりで、中国では「モンスター乗客」の存在が大きな問題になっている。

 この運転手は意識を取り戻し、容体が回復したあと、地元の『江蘇テレビ』のインタビューを受けて、事件の顛末を明らかにしている。

 それによると、運転手がバスから降りようとしていた妊婦に「少しでも体を動かすのは大変だから」と、妊婦に近い乗車口から降ろしたところ、ちょうどバスに乗り込もうとしていた、この男の乗客のゆく手をふさぐ形となった。

 男はバスの席を確保すると、運転席まで戻り、運転手に「お前は規則に違反しているだろうが。規則に従え」などと難癖をつけたところ、運転手は「私は妊娠しているお客さんの安全を考えただけだ」などと反論。これに激高した男は「規則は規則だ。規則は守れ。お前なんか、殴り殺してやる」などと叫んで、運転手を殴りつけたという。

 運転手は「私が抵抗をすると、さらに男が怒り狂うだろうと思って、殴られるままになっていた。私が数えただけで32回も殴られた」と話している。

 また、運転手は「私はバスの運転手をやってから2年経つが、この2年間で、このような暴力を受けたことは初めてだ。殴られている間、いつ死ぬかと思って怖かった。こんなモンスター乗客はもうごめんだ」とも述べている。

 中国では乗客によるバス運転手への暴力被害が増えている。例えば、今年5月には山西省で、乗客が持っていたスイカを頭めがけて投げつけられた運転手が1週間の入院を強いられた。この乗客はバス停でバスが止まらなかったため、タクシーでバスを追いかけて、次のバス停でバスが止まったところでバスに乗車、運転手に暴力をふるったという執念深さだったという。

 また、湖南省でも今年3月、シニア世代の男が運転手からシルバーパスの提示を何度も求められたことに腹を立て、運転手に暴力をふるい、運転手は手足を骨折するなどの重傷を負い、入院するという事件もあった。

関連記事(外部サイト)