福島、いわき、東京、ソウルの空間放射線量からわかること

福島、いわき、東京、ソウルの空間放射線量からわかること

外務省の在韓国日本大使館ホームページより

 外務省は9月24日、在韓国日本大使館の公式サイト内で、「日本と韓国の空間線量率」と題し、韓国語と日本語で「福島市」「いわき市」「東京」「ソウル」の空間における1時間あたりの放射線量について公開を始めた。同ページの記載によると、〈最近、特に韓国において日本の放射線量等についての関心が高まっていること〉が理由だという。

 河野太郎防衛相は、同日にこうツイートした。

〈私が外務大臣当時に指示した、東京、福島市、いわき市、ソウルの空間線量率の在韓国日本大使館のホームページへの掲載が始まりました〉──前外相の置き土産だったようだ。

 表示されている空間線量の数値を見ると、各地とも9月27日12時00分時点で、福島市0.135マイクロシーベルト/時、いわき市0.060マイクロシーベルト/時、東京0.036マイクロシーベルト/時、ソウル0.120マイクロシーベルト/時となっている。この中では福島市が一番高いが、それに次ぐのがソウル市で、いわき市の2倍、東京の3.3倍という数字が出ている。

 この件について、韓国の中央日報日本語版(2019年9月26日付)は「『東京の放射線量、ソウルより低い?』…駐韓日本大使館が公開した測定値を見ると」と題した記事を掲載。記事では〈測定機関も違い、具体的な測定地点や天気など変数を考慮しなかった測定値であるため単純比較は不適切だという指摘もある〉と述べている。

 一方で、ソウルの空間線量率が高い理由を窺わせる内容の記事が、同じく韓国紙の朝鮮日報日本語版で報じられた。同紙は27日付で「まさかわが家も『ラドン・マンション』? 韓国新築10棟中6棟は基準超過」と題した記事を掲載している。

 韓国の国立環境科学院が、韓国北西部にあたる首都圏および忠清道地域で、2018年11月から今年5月までに竣工したマンション9棟の60戸で屋内ラドンの濃度を測定したところ、〈37戸(62%)で世界保健機関(WHO)勧告基準の1立方メートル当たり148ベクレルを上回る値を検出した〉という。中には、〈ラドンの平均濃度が勧告値の2.4倍にもなる1立方メートル当たり345ベクレルを検出したというケースもあった〉。

 環境中のラドンは自然被ばくの要因のひとつである。放射性セシウムから出るβ線に比べてラドンから出るα線はエネルギーが大きいので注意が必要で、ラドンによる健康被害は炭鉱や鉱山で働いている作業者などの間で実際に出ている。前述した朝鮮日報の記事も〈WHOは「肺がん患者の3〜14%はラドンのせいで発病していると推定される」として「基準値以上のラドンを吸入したらがんにかかる危険性がある」と発表している〉と警鐘を鳴らす。

 なぜソウルでは空間線量や屋内ラドンの濃度が高いのか。首都大学東京健康福祉学部放射線学科の福士政広教授はこう説明する。

「韓国では基盤岩(地面の下の地殻を構成する岩石)にラジウムを含む花崗岩が広く分布しているからと考えられます。ラジウムがα崩壊すると気体のラドンになり、空気中に出てきます。ですから、地面からラドンが出てきますし、コンクリートの骨材に花崗岩が使われていると、室内にラドンが出てきて、密閉性の高い建物だと溜まりやすくなります。屋内ラドンの濃度については、アメリカの環境基準で1立方メートル当たり150ベクレル、ラドン濃度の高い欧州で同200ベクレルですので、記事に出てくる同345ベクレルは少々高いと言えるでしょう」

 一方、日本の屋内ラドンの濃度は、国連科学委員会(UNSCEAR)の2006年報告書によると、平均で1立方メートル当たり16ベクレルで、世界平均の同39ベクレル、韓国の同53.4ベクレルと比べるとかなり低い。世界を見渡せば韓国より空間線量や屋内ラドン濃度が高い地域は多々あり、日本の数値が低いために「ソウルの空間線量は東京の3.3倍」という大きな差にもつながっているだけで、この数値をもって「ソウルは危ない」などと論じるべきではない。

●取材・文/清水典之(フリーライター)

関連記事(外部サイト)