ケニアのサバンナを走る“中華鉄道”に乗ってみた

ケニアのサバンナを走る“中華鉄道”に乗ってみた

サバンナ“中華鉄道”の旅はここ、ナイロビ駅から始まる(撮影:安田峰俊)

 近年、中国のアフリカ進出が目覚ましい。中国とアフリカ諸国の政治的・経済的な結びつきが強まる一方で、多額の援助やインフラ整備の見返りに利権を手にするやり方には「新植民地主義」との批判もある。実際の現地の様子はどうなのか。『もっとさいはての中国』著者の安田峰俊氏が、アフリカ・ケニアに開通した“中華鉄道”の乗車取材を敢行した。

 * * *
 銀色の壁と人工的な造形は、横向きに倒したステレオを連想させる。その上に赤いアルファベットで「NAIROBI TERMINUS」(ナイロビ駅)と書かれている。

 ここはナイロビ郊外にあるSGR(=Standard Gauge Railway。中国の融資で建設された)の始発駅である。ケニアの首都ナイロビから港湾都市のモンバサまでを結び、3年半の工事期間を経て2017年5月末に開通した。建設事業費はケニア独立後最高額の38億ドル(約4000億円)にのぼり、施工をおこなったのは中国国有ゼネコンの中国路橋(CRBC)だ。

 セキュリティ・チェック用に設けられた白テント内へ進むと、蛍光色のベストを着たケニア人のセキュリティスタッフ数人が監視するなかで、中国国内の公共交通ではおなじみのX線手荷物検査機が稼働していた。マシンは中国企業の威視(NUCTECH)製だ。これは胡錦濤前国家主席の息子が創業者で、中国全土の150カ所近い空港すべてに検査機を納入するなど、権力と結びつく形で独占的にビジネスを展開している企業である。

 ケニアはテロが多いためかSGRのセキュリティ・チェックは空港さながらだ。手荷物検査の後にはスタッフが片手持ちの金属探知機を使って全身をくまなくチェックしてくる。

「この金属を探すマシンも中国製かい?」

「そうだ。あれもこれも全部、あんたの国の製品だよ。中国はすごいな!」

 セキュリティスタッフたちは私を中国人だと勘違いしたらしく、陽気に教えてくれた。

 白テントを抜けるとようやく駅舎である。チケットオフィスのやけに天井が高いホールや、ガラス張りの向こうにいる駅職員に声をかけてチケットを買うシステムは、中国の鉄道駅とそっくりだ。なによりチケットの紙が中国国内の鉄道とほぼ同じである。

 ナイロビからモンバサまでのSGRは、午前8時20分発の普通列車「インターカウンティ」と、中間の駅をすべてすっ飛ばして走る午後2時35分発の急行「マダラカ・エクスプレス」のわずか2本しか運行していない(各車両ごとに1日1往復している)。

 区間距離の472キロメートルは東京〜京都間の新幹線の実キロ(実際の距離)とほぼ同じだが、新幹線のぞみ号が2時間20分で京都に着くのに対して、マダラカ・エクスプレスは5時間ほどかかる。

 もっとも、ほぼ同じルートで従来稼働していたウガンダ鉄道の路線は、1903年の営業開始から1世紀以上が経ち、所要時間は8〜12時間(さらに出発が7時間近く遅れることもある)という非常に劣悪な状態だった。時速100キロ以上の走行と定時運行ができるSGRは現地にとってかなり画期的な交通手段であるはずだ。

 時間が来たので、マダラカ・エクスプレスに乗り込む。

 客車は白地の上下にオレンジ色のラインが何本も入っていた。中国ではあまり見ないカラフルなデザインだが、車体自体は25G型客車という中国国鉄の在来線と同じものが使われており、当然ながら車内の座席や網棚の雰囲気はかなり中国国内の感覚に近い。各ドアの前には制服姿のケニア人女性車掌が立ち、乗客を案内するのも中国と同様の方式である。運転手も中国人だと報じられている。

 車内で目を惹くのは、各車両の前後の壁の中央すべてにケニアと中国の国旗がプリントされていることだった。乗客は全員、特にやることもない5時間の列車旅のなかでずっと、頭上の五星紅旗を見つめ続けるわけである。

 良くも悪くも中国の列車そのままなので、SGRの乗り心地は悪くなかった。特筆すべきは車窓の光景だ。

 始発駅を発車後しばらくは、右手にナイロビ国立公園のサバンナを眺めながら走り続ける。その後は国立公園外の地域を走るが人家はまばらであり、ヤギの放牧地やプランテーションが続く。たまに遠くに山があるほかは、常に地平線が見えるという絶景だ。

 3時間ほど走ってマクエニ郡の小都市ムティトアンディ駅を過ぎると、ツァボ国立公園に入る。これは1948年に指定を受けた、面積2万1000平方キロメートルというケニア最大の国立公園だ。旧線であるウガンダ鉄道の線路を挟んでツァボ・イースト国立公園とツァボ・ウエスト国立公園にエリアが分かれているので、新線のSGRも、野生動物の生息地帯の真ん中を突っ切って走っていることになる。

 ツァボ国立公園のエリアでは、バオバブの林や岩場、草原などが次々と列車の窓の外を流れていくなかで、シマウマやキリンの姿がしばしば見られた。最初は珍しかったゾウも、やがて何度も出会うようになり、ヴォイ駅の手前あたりでは子ゾウ数頭を引き連れた母ゾウたちが歩く群れにまで遭遇した。

 朝日新聞記者・三浦英之の著書『牙 アフリカゾウの「密猟組織」を追って』(小学館)によれば、ケニアでは密猟された象牙が中国人のブローカーを通じて売買されており、なかには中国大使館の関与が疑われる例もあるという。この国では列車に乗ってもゾウに出会っても、常に中国の影がちらついてしまう。

 やがて夕方になると、進行方向である東の空だけが夜になり、後方の西の空はまだ昼間という不思議な光景が車窓に広がった。まったく建築物がなく地平線が広がっている、大自然の中心にいるからこそ見られる奇景だ。

 モンバサ駅に到着したのは夜7時だった。例によって駅舎は中国国内と瓜ふたつである。

 駅から市の中心部までは車で20〜30分かかる。夜なのに、治安に不安が残るミニバス以外に公共交通機関がなくウーバーも近くにいなかったので、やむを得ず割高な白タクを利用せざるを得なかった。

 駅舎や車両といったハード面は立派だが、市内の中心部ではなく郊外に駅があり、しかも市内までの公共交通機関がまともに整備されてないという顧客利便性を無視した設計は、中国の新設鉄道駅のお約束だ。出発・到着時に市内と駅との移動で合計1時間くらいをロスしてしまうため、鉄道それ自体はハイスピードでも、いまいち迅速に移動している感じがしない──。

 ケニアのSGRは、そんな困った部分まで中国そのままなのであった。

*『もっとさいはての中国』(小学館新書)を一部抜粋のうえ再構成。文中敬称略。同書刊行イベント「中国ワンダーランドに魅せられて」(安田峰俊氏×星野博美氏対談)が10月13日に旭屋書店池袋店にて行われます。(詳細→https://www.asahiya.com/shopnews/)

関連記事(外部サイト)