秘密結社「チャイニーズ・フリーメイソン」に日本人初接触

秘密結社「チャイニーズ・フリーメイソン」に日本人初接触

バンクーバーのチャイナタウンにある秘密結社・洪門(左)と中華会館(右)の建物(撮影:安田峰俊)

 近年、カナダでは中国系住民を中心に反日的な活動が盛んだ。州レベルや国家レベルで「南京問題」を追及する運動が続いており、その背後には中国の伝統的秘密結社「洪門(ホンメン。英語名チャイニーズ・フリーメイソン)」の存在が見え隠れする。21世紀のカナダに生き残った秘密結社の実態を探るべく、『もっとさいはての中国』著者の安田峰俊氏が現地に飛んだ──。

 * * *
「このビルが建ってから110年が経つが、やってきた日本人はお前が初めてだ」

 2018年11月30日午後4時、カナダ・バンクーバーにある中華会館(*注)の会議室で、理事長のヒルバート・イウ(姚崇英)からものものしい挨拶で出迎えられた。

【*注:中華会館/現地の華人コミュニティを統括する組織。バンクーバーのチャイナタウンの一角にあり、秘密結社「洪門」のビルとは隣同士。安田氏はこの日、謎の秘密結社「洪門」の手がかりを得るべく、より公的な団体である隣の中華会館を訪れた】

 彼は61歳にしては若々しい外見で、体型もスマートだ。本業の鶏肉卸売会社の経営に加えて、カンフー教室の先生をやっているからだろう。文化大革命時代に広東省潮州から香港に脱出し、やがてカナダに転居した移民1世なので、標準中国語で会話ができる。さらに60〜70歳くらいの華人男性が3人同席していた。いずれも中華会館の幹部たちである。

「習近平政権は偉大だ。中国の歴史上で最も素晴らしい政権だと考えている。中国共産党なくして中国は立ち行かない。われわれはカナダ国民だが、祖籍の地である中国を深く愛し続けているのだ」

 政治的な問題をどう尋ねるか迷っていた私だが、開口一番からヒルバートは饒舌だった。
 
 40平米ほどの会議室の中央には祭壇があり、孫文の肖像画と「天下為公」と書かれた額が掲げられている。壁や棚には清朝時代の辮髪姿をした最初期のメンバーの写真をはじめ、過去の幹部たちの写真や、中華民国や中華人民共和国、カナダ政府から送られた表彰状やトロフィーが並ぶ。

 中華会館はかつて中国国民党と非常に近い立場で、1949年の中台分断後も一貫して中華民国(台湾)を支持してきた。だが、中加国交樹立後の1978年に組織が「民主化」──。つまり、事実上は親中派住民に支配権を奪われ、中華人民共和国支持に鞍替えをした歴史がある。

「見ろ。これが俺たちの活動だ」

 ヒルバートがアルバムを取り出してページをめくってみせた。

 多数の五星紅旗(中国国旗)と「打倒日本軍国主義」と書かれた横断幕を前に、彼が演説のマイクを握っている写真だ。尖閣問題の抗議デモらしい。他にも抗日戦争勝利記念集会や台湾やチベットの独立反対デモ、南シナ海の島嶼の領有声明文の発表、胡錦濤など中国の指導者のカナダ訪問の歓迎集会など、中国政府寄りの運動が目立った。

 中国大使館・領事館の関係者の訪問も多い。「ずいぶん活発ですね」と感想を伝える。

「ああ。ご覧の通り、バンクーバーの華人コミュニティには多くの宗親会や同郷会がある。それらを束ねているのが、中華会館なんだ。それに隣の洪門民治党もそうだな。洪門はわれわれのいちばん重要な構成組織のひとつだ」

 なんと、尋ねるまでもなく洪門の話題が出てきた。

「洪門ですか。実は私、華南の伝統文化の研究をしていて洪門に興味があるんですよ」

 これはウソではない。中国の秘密結社は、私の学生時代の修士論文のテーマともかなり近い分野だからだ。

 洪門をはじめとした中国の秘密結社は、「会党(フイダン)」や「幇会(バンフイ)」とも呼ばれ、多くが清朝中期の18世紀ごろに中国南部の福建省や広東省で生まれたとみられている。

 もともとは、地縁や血縁などのセーフティネットを持たない貧困層出身者や出稼ぎ労働者の男性たちが、信頼できる仲間同士で『水滸伝』さながらの義兄弟の契り(異姓結拝という)を結ぶうちに、ネットワークが拡大して組織化したものだ。

 彼らが抱いていた秘密の目的は「反清復明(満洲族の清朝を打倒して漢民族の明朝を復興する)」。後年には孫文らの革命勢力の影響を受けて政治団体化したり、香港の三合会のようにマフィア化したりした例もあるが、本来は寄る辺なき弱き民の相互扶助組織だった。

 洪門は秘密結社のなかでも知名度が高く、国際的な広がりも持っている。他の呼称は「天地会」や「洪幇」。さらに英語名として「チャイニーズ・フリーメイソン」を自称しているが、イギリス発祥の秘密結社フリーメイソンとの間に組織的なつながりはない。

「なんと。洪門を知っているとは感心だ。往年のゴールド・ラッシュの金採掘も大陸横断鉄道の建設も、実はすべて洪門が協力した。洪門はカナダ社会に貢献してきたのだ」

 ヒルバートたちの表情が一気に和らいだ。どうやら事前の想像以上に中華会館と洪門の関係は近かったらしい。

「そこで、もしも可能ならば洪門の関係者の方をご紹介いただきたいんですが……」

「紹介するまでもないな。わし自身が洪門だ」

「え?」

「名刺の裏を見ろ。わしこそがカナダ洪門バンクーバー支部の前主任委員(=リーダー)だ。あと、お前の隣りに座っている中華会館秘書長のマイケル・ワン(王元瓏)も洪門の会員だ。こいつはまだ、洪門に入ったばかりだがな」

 中華会館と洪門につながりがあるどころではなかった。なんとカナダ西海岸の華人コミュニティを仕切る中華会館のトップであるヒルバート自身が、秘密結社・洪門の大幹部。中国語でいう洪門大哥(ホンメンダーグー)だったのである。

*『もっとさいはての中国』(小学館新書)を一部抜粋のうえ再構成。文中敬称略。同書刊行イベント「中国ワンダーランドに魅せられて」(安田峰俊氏×星野博美氏対談)が10月13日に旭屋書店池袋店にて行われます。(詳細→https://www.asahiya.com/shopnews/)

関連記事(外部サイト)