中国で日本人がスパイ容疑で拘束される事例が相次ぐ 裁判非公開で「その後」は不透明

記事まとめ

  • 訪中した日中友好団体理事長ら日本人が「反スパイ法」で拘束される事例が相次いでいる
  • 十分な面会が保障されず裁判も公開されない中国では「その後」は不透明となる
  • 日本政府がいくら非難しても中国は今後もスパイ容疑で日本人を拘束するだろうという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております