有名人たちが移住を望むハワイにハイレベルな教育事情あり

有名人たちが移住を望むハワイにハイレベルな教育事情あり

ハワイに子連れ移住する芸能人が急増(PH:アフロ)

 つんく♂(47才)、吉川ひなの(36才)、花田美恵子(47才)、梨花(43才)など、家族とともにハワイで暮らす有名人が増えている。

 というのも、ハワイには日系人や日本人が多く、日本語が通じやすいうえ、大自然に囲まれて環境がよく、治安はさほど悪くない。外国としては例外的な住みやすさが、子連れで移住を望む芸能人が増えている理由なのだ。

「アメリカの義務教育は5才のキンダーガーテン(幼稚園)から始まります。その前の2~4才はプリスクールという私立の学校に入るのが一般的。人気のプリスクールは順番待ちというところも多い。年間の費用は1万~1万5000ドル(約100万~150万円)というところです」(ハワイ在住のジャーナリスト)

 ハワイの学校は、日本の幼稚園年長に該当する1年生から、高校3年生に該当する12年生までの一貫教育が主流で、約280校の公立学校と約130校の私立学校がある。高岡早紀(43才)の2人の息子はハワイの私立学校に留学している。

 そのうち、教育レベルが高く、「ハワイのツートップ」と称される私立学校が、プナホウ・スクールとイオラニ・スクールだ。

 プナホウはオアフ島のホノルルにある全米最大規模の共学校で、1年生から12年生までおよそ3700名が通学する。著名な卒業生にバラク・オバマ大統領やプロゴルファーのミシェル・ウィーがいる。石田純一と松原千明の娘である、すみれ(26才)もこの学校の卒業生だ。

 同じくホノルルにあるイオラニは約1800人が通学し、勉強だけでなくスポーツ活動も積極的に行う。

 こうした名門校に入学するために、日本と同じく学習塾もある。有名なのは、日本人が塾長を務める「ドクター高橋塾」で、早見優(50才)や多くの著名人の子供たちも通ったという。

「ドクター高橋塾の授業料は、マンツーマンの個人授業で1時間84ドル(約8400円)。3才から1日何時間でも受講できます。日本から移住する子供はこうした学習塾で準備を重ねてから、学校の編入試験を受験します」(前出・ジャーナリスト)

 移住まではいかずとも、日本の夏休み期間だけハワイの「サマースクール」を体験させるという親も多い。

「サマースクールとは、6~8月に2週間から8週間ほどの期間で開催される夏の間の特別プログラムのこと。日本からの留学も可能で、現地の子供とふれあいながら英語や異文化と接することができます。費用は期間や学校によりまちまちですが、500~2000ドル(約5万~20万円)が目安です」(前出・ジャーナリスト)

 プナホウ、イオラニといった名門校もサマースクールを開講するが、すぐ定員に達する人気ぶりという。

 前出の梨花も、もともとは長男をサマースクールに参加させるためにハワイを訪れた。そこで教育環境の良さやスローライフにハマり、夫を日本に残してハワイを生活の拠点とすることを決めたという。

「紗栄子さん(29才)も何年か前に子供をサマースクールに参加させていました。今年の夏には小栗旬さん(33才)・山田優さん(32才)家族もハワイに来て子供をサマースクールに連れて行っていたようです」(前出・ジャーナリスト)

 今後、さらに増えそうなハワイ子育て。だが、こんなトラブルもあると現地の旅行業者が指摘する。

「ハワイでは貧困層対策のため、一定程度の収入以下の家庭の子供はランチが無料になったり、放課後の補習サービスが格安になる制度があります。日本から母子だけで移住するとハワイでの収入はゼロになり、公立学校では上記の優遇サービスを受けられます。

 ところが、移住する日本人は豊かなため、優遇サービスを受けながら、母親がベンツなど高級車で子供を迎えにきて、高級コンドミニアムに帰っていく。それはさすがにおかしいと、現地の母親から批判が噴出しています」

 陽気な常夏の子育てにもモラルは必要だ。

※女性セブン2016年10月13日号

関連記事(外部サイト)