中国で豚コレラの影響で豚肉高騰 イヌ肉代用の議論も

中国で豚コレラ蔓延の影響で深刻な豚肉不足と豚肉の高騰 イヌ肉代用の議論も

記事まとめ

  • 中国ではアフリカ豚コレラの蔓延で、豚肉の供給が減少し市民生活を直撃している
  • 豚肉は昨年に比べて2倍に高騰、豚の内臓を使ったローカルフードは5倍の値段に
  • 江西省万安県のあるレストランでは代わりに、イヌやウサギなどの肉を提供するように

中国で豚コレラの影響で豚肉高騰 イヌ肉代用の議論も

中国で豚コレラの影響で豚肉高騰 イヌ肉代用の議論も

アフリカ豚コレラが蔓延中

 中国ではアフリカ豚コレラの蔓延で、豚肉の供給が減少、深刻な豚肉不足と豚肉の高騰が市民生活を直撃している。豚肉が昨年に比べて2倍になっていたり、豚の内臓を使ったローカルフードが5倍にも跳ね上がるなど、高騰の影響は深刻だ。香港の英字紙『サウスチャイナ・モーニング・ポスト』が報じた。

 江西省万安県のあるレストランでは、料理のメニューがなく、調理場に行って、そこから野菜や魚、肉、果物、麺類などの食材を勝手に選んで、自分たちで調理するという方式で好評を博している。だが、レストランオーナーの最近の悩みは豚肉がないということだ。

 そこで、オーナーが考えたのが「豚肉の代わりに、イヌの肉、あるいはウサギの肉ではどうだろうか」ということだった。イヌの肉ならば、市場に行けば売っているので、簡単に調達できるという。

 日ごろは最近の風潮でイヌの肉は置いていないが、このところの豚肉不足や豚肉の値段の高騰ということもあって、このレストランでは豚肉の代わりに、イヌやウサギなどの肉を提供するようになった。

 これに対して、動物保護団体は「犬肉の食用は非文明的だ。豚は食用に育てられているが、犬の場合はそうではない。ペットとして育てているのに、殺して食べてしまうのは残酷だ」と豚肉の代わりに犬の肉を使うことに批判の声を上げている。

 とはいえ、中国では最近、豚肉の供給不足は深刻だ。北京や上海では昨年まで豚肉1キロは36元(約610円)だったが、今年9月末現在では2倍の72元(約1220円)に値上がりしている。

 中国の経済統計によると、地方の400の県(日本の中小都市に相当)では豚肉は昨年より1.5倍以上になっているという。

 一方、地方都市では豚の内臓を使った庶民料理も値段が高騰している。貴州省の田舎料理である『モツ煮込みうどん』は、庶民の朝食として人気だが、昨年は屋台で1杯2元(約34円)だったものが、今年9月末現在で10元(約170円)と一気に5倍に値上がりしてしまった。

 このため、同省政府は個別に屋台料理店を廻り、値上げ幅を抑えるように行政指導しているが、店側は「ブタのモツが高くなり、とても値段を維持できない。10元でもかなり抑えている。役人が一人一人訪ねてくるほど暇があるのならば、もっと豚肉を供給させて、肉の値段を上げないようにしろ。その方が先決だ」などと不満を漏らしている。

関連記事(外部サイト)