高須院長「トランプは典型的な田舎の土地成金」

高須院長「トランプは典型的な田舎の土地成金」

トランプ氏とドゥテルテ大統領について語る高須院長

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回はアメリカの大統領選や、フィリピンのドゥテルテ大統領などについてお話を聞きました。

 * * *
──アメリカの大統領選も盛り上がってきていますね。

高須:本当に盛り上がってるの? なんだか、泥沼化してきているように見えるけどね。

──トランプ候補の性的発言が問題になってからは、なんだか政策よりも個人攻撃ばかりになっています。

高須:僕はトランプが大統領になればいいと思ってるんだけど、流れはちょっと変わってきたかな。私生活とか素行の面でトランプがかなり不利になってきた。まあ、ビル・クリントンよりはマシだと思うけどね(笑い)。

──たしかに、女性問題ではクリントン元大統領もいろいろ出てきています。

高須:ヒラリーの旦那さんは、根っからのスケベなんだと思うよ。表向きは紳士だけど、周りは不倫相手ばっかりで、セクハラ三昧なんだもんね(笑い)。ムッツリしているからこその変態だよ。

 一方、トランプは典型的な田舎の土地成金だね。お金持ちになって嬉しくて、いろんなところにサービスしちゃう。自分の力を見せつけたいっていう気持ちもあるだろうから、きれいな女性を周りにおいたりしてね。でも、実際にはスケベなわけじゃなくて、偉ぶりたいだけなんだよ。だから、スケベなことを言っても、結局口だけで特に実行はしてないんじゃないかな。クリントンは言わないでやりまくるタイプ(笑い)。

──ということは、ヒラリー候補にしてみれば、夫に足を引っ張られている、と。

高須:まあ、ヒラリーさん自身も政治資金なんかではいろいろ問題もあるんだけど、夫がビル・クリントンではなかったら、わけのわからないセクハラ問題なんかで責められなかったわけだからね。夫が元大統領じゃなかったら、ここまで来られなかったっていうジレンマもあるのかもしれないけど、もし他の人が夫だったら、ヒラリーはもっと早く大統領になってたかもしれないね。

 同じセックス狂いでも、クリントンじゃなくて、タイガー・ウッズが夫だったら良かったんじゃないかな(笑い)。ウッズだって、ヒラリーが奥さんだったら、もっともっと活躍できてたはずだよ。

──さて、話は変わりますが、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が話題です。院長はツイッターでドゥテルテ大統領を支持すると表明されていました。

高須:もちろんいろんな意見があるのはわかるけど、僕はすごく立派な政治家だと思うね。だってさあ、麻薬を撲滅するって公約を掲げて、国民の支持を得て大統領になって、それをちゃんと実行しているんだから。

──とはいえ、麻薬売人や麻薬中毒者を次々と殺害するのはやりすぎなのではないかという声もあります。

高須:そういう意見も理解できるけど、麻薬っていうのはやっぱりもとを絶たないとなくならないんだよ。売人がいる限りは絶対に麻薬は出回るし、中毒者がいればそれを狙う売人も出てくる。麻薬関係者を殺害するっていうのは、残念ながらとても効果的なやり方なのかもしれないね。

 平凡な政治家だったら、どんなに効果的なやり方であっても、なかなか実行できない。でも、それをしっかりやり遂げようとしているんだから、ドゥテルテ大統領はとても素晴らしい指導者だと思うね。

 たしかに、カリスマ性が強くてあまりにも実行力がある指導者っていうのは、社会から認められないことも多い。アラファトも、フセインも、カダフィもそう。みんな自分の支持者たちのために、最良と思われることをしているだけなんだけど、それをよく思わない人々に潰される。世間的には悪者として喧伝されている指導者でも、その国に行ったらヒーローなんてことはよくあるんだよ。僕は、プロパガンダには騙されないからね。優れた政治家は、ちゃんと評価したい。

──そういう意味では、ドゥテルテ大統領はたしかにフィリピンで支持されているわけですからね。

高須:そう! 日本みたいに先進国で平和な国の人たちは、いつも建前だけでキレイ事を言うけど、当事国の人たちは、自分や子供たちの人生に関わる大問題だから、本当に期待できる人を支持するからね。言ってみれば、それが民主主義ってことなんじゃないのかな。

──ドゥテルテ大統領絡みで言うと、院長が支持を表明すると、ツイッターで反対意見も寄せられていましたね。

高須:クソリプだよ(笑い)。もちろん、内容のある意見だったら議論にもなるけど、ただ僕を利用して話題になりたいだけっていうリプライも多くてね。こっちはまともなことを言っているだけだから、全然相手にならないんだけど、まあ面白いから返信しちゃう。クソリプ返しは、楽しい趣味だよ(笑い)。

──でも、なかには面倒くさい人もいるんじゃないですか?

高須:いや、そうでもないよ。なんかつまんない意見を言ってきて、こっちがまともな意見で返したら、もとのツイートを消しちゃうやつなんかは、ちょっと意味がわかんないけどね。いずれにしろ、僕としてはやましいところなんて全然ないし、まったく嘘もついてないから、何を言われても、ちゃんと言い返せるんだよ。

 ただ、あんまりつまんないクソリプにまで返事していると、フォロワーが減っちゃうみたい。だから、本当にどうしようもないクソリプはスルーすることにしているよ(笑い)。

 * * *
「プロパガンダには騙されない」と力強く語った高須院長。最近、ツイッターで大人気となっているのも、そんな信念を貫き通しているから?

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)など。

関連記事(外部サイト)