中国空軍で事故が多発 今年既に10人死亡、100人負傷か

中国空軍で事故が多発 今年既に10人死亡、100人負傷か

中国空軍でトラブルが多発

 中国空軍で事故が多発していることが明らかになった。中国版ツィッター「微博(ウェイボ)」上では、ほぼ10日に1回の割合で事故が起きており、今年に入ってすでに10人が死亡し100人あまりの空軍兵士が負傷しているとの情報も流れている。

 10月1日に行われた中国の建国70周年記念の大規模な軍パレードに参加したベテラン操縦士も10月7日に事故死するなど、あまりにもお粗末な実態が明らかになり、当局はすぐにこの書き込みを消去してしまったという。

 この事故で死亡したのは33歳の軍事用攻撃ヘリコプターの操縦士で、10月1日の軍事パレードのほかにも、2015年8月の中国の戦勝70周年記念の軍事パレードにも参加した精鋭中の精鋭だったという。

 事故の原因はヘリコプターのエンジントラブルで、高度500mの上空を飛行中に突然墜落してしまったという。彼のほか、ヘリコプターに同乗していた37歳の空軍のエンジニアと、見習い操縦士の2人も死亡している。

 その10日後の10月17日には北京の空軍基地からチベット自治区に向かっていた戦闘機「殲10(J-10)」がチベット高原の山岳地帯で消息を絶った。山麓に衝突して、戦闘機は大破しており、パイロットも消息不明で死亡したとみられる。

 このほかにも、今年4月には中国軍が空母艦載機として開発した「殲15(J-15)」戦闘機が空母の離着陸訓練で洋上に墜落して、パイロットら3人が死亡した。

 中国の空軍関係者によると、中国の「殲」戦闘機はほとんどが旧ソ連の戦闘機のコピーであり、エンジンもロシアからの輸入品を搭載していることから、エンジントラブルが多く、墜落事故につながっているという。

 また、香港の軍専門家によると、中国空軍のパイロットらは飛行経験が少なく、緊急事態への対応能力が極めて低いことが事故の多発につながっているという。

 中国空軍に詳しい米国の軍事専門家は「米軍のパイロットはほとんどが民間の航空会社で多くの経験を積んでから、軍に入ってくるケースが多い。逆に、中国の場合は、最初から複雑な戦闘や軍事用のヘリコプターを操縦しなければならないので、計器類にも慣れておらず、まったくゼロから操縦を習わなければならず、失敗も多い。とくに、中国の戦闘機は欧米の航空機と比べて安全対策がほとんどなされていないこともあり、単純なミスが大きな事故につながりやすい」と指摘している。

 ネット上では「中国空軍の戦闘機やヘリコプターは『空飛ぶ棺桶』だな」などの批判が書き込まれていたという。

関連記事(外部サイト)