中国の航空会社の機長 女子大生を操縦室に招き終身乗務禁止

中国の航空会社の機長 女子大生を操縦室に招き終身乗務禁止

空の安全は保たれているのか

 中国の航空会社、桂林航空の旅客機が飛行中、機長らが女子大生をコックピット(操縦室)に招き入れて、機長席に座らせたほか、お茶まで出して歓迎していたことが分かり、機長は終身乗務禁止処分を受けていたことが明らかになった。同社では同乗していた副機長にも事情を聞いており、調査結果をみて、処分を決定する方針だ。

 この女子大生は桂林観光学院客室乗務員養成学科の3年生で、同学院を卒業後、キャンビンアテンダントとして働きたいとの希望があった。これを知った機長らが今年1月、中国広西チワン族自治区の桂林空港から江蘇省揚州空港までのフライトの最中、女子大生をコックピットに招き入れていたという。

 その際、機長席に座り、左手でVサインを作って、カメラに微笑みかける表情でカメラに収まった写真を撮影。その写真が11月初旬、「パイロットさんに大感謝。わたし、大興奮」とのキャプション付きで、中国版ツィッター「微博(ウェイボ)」上に掲載された。

 写真はインターネット上で、またたく間に拡散。女子大生の知人から、彼女の名前や同学院の学生であることも明らかになったという。

 なぜ、10カ月後に突然、写真が公表されたのかは不明だが、中国共産党機関紙『人民日報』など中国メディアによると、機長らの行為を憂いた桂林航空の関係者が関与したとの見方が有力だという。

 桂林航空では事態を重く見て、機長ら乗務員から事情を聞いて、事実関係を確認したうえで、機長を終身乗務禁止処分にし、すぐに同社ホームページ上で事実を公表。

「桂林航空は常に乗客の安全を第一と考えており、安全を損ねるような不適切で行為は断固として許容せずに対処していく所存である」などとの謝罪文も発表している。

 中国では昨年6月にも、東海航空の機長が飛行中、妻をコックピットに招き入れていたことが発覚し、6カ月間の乗務禁止処分を受けている。

関連記事(外部サイト)