中国の禁書扱い拉致された香港書店店主 台湾で書店開業へ

中国の禁書扱い拉致された香港書店店主 台湾で書店開業へ

今度は台湾で書店を開業

 2015年、中国共産党政権にとって有害な禁書を中国に持ち込んで利益を得ていたなどとして、中国当局によって拉致された香港の書店の店主、林榮基氏に新たな動きが見られた。2020年5月、台湾の台北市内で、かつて経営していた「銅羅湾書店」をオープンする計画であることが明らかになったのだ。

 台湾の独立を目指しているなどとして、中国は民進党政権を強く警戒しているが、台北市内での銅羅湾書店の開店が中台関係を一段と悪化させ、習近平指導部の蔡英文・総統批判が強まることが予想される。

 林氏は2015年に拉致されたあと、中国福建省泉州市内の中国の情報機関、国家安全省管理下の施設に閉じ込められ、外出も許されず、3か月間取り調べを受けていた。その後、香港内にある書店の書類などを証拠品として提出することを口実として、香港に戻った際、香港の知人らと記者会見。中国当局によって不当に拉致された事実を暴露し、中国当局の手を逃れ自由の身となった。

 しかし、林氏は今年4月に香港政府が逃亡犯引き渡し条例の立法化手続きを始めたことで、再び中国当局に身柄を拘束されることを警戒し、香港から台湾に避難。台湾には政治亡命者を受け入れる法律がないため、観光ビザで台湾に入り、以後3か月ごとにビザを更新しているが、台湾当局は林氏が商用で台湾に滞在可能との特例措置を認めたため、禁書を扱う書店を台湾で再開することになったという。

 林氏が新たに書店を開くのは、文化発信地として若者に人気がある台北市万華区にある商業地区で、「台北の原宿」などと呼ばれる西門町。

 林氏がこのようなファッションやサブカルチャーの発信源ともいえる西門町に店を構えようと思ったのは、「多くの若者や観光客が集う場所であり、中国の実態を伝えるには好立地だからだ」と話しているという。

 問題は資金をどうやって捻出するかだったが、今年9月と11月に「台湾に銅羅湾書店を。『自由の魂よ。開け』」との大規模な募金活動を行った結果、約3000人から総額で597万台湾ドル(約2140万円)の資金を集めることができたという。

 この裏には、台湾当局の有形無形の支援があったと見られている。台湾側は香港で6月以降の激しいデモが行われて以来、香港警察の逮捕を逃れるために台湾に避難してきた民主化指導者や活動家を受け入れている。さらに、蔡総統も「私たちから遠くない香港は、『一国二制度』の失敗によって、秩序を失った辺境となってしまった。台湾政府に保護を求める香港市民に対して、個別に人道的な援助を提供する」と表明している。

 これに対して、中国の対台政策を所管する国務院台湾事務弁公室の馬暁光報道官は民進党に「香港事務の介入を止めるよう」要求し、「(台湾政府が)香港に危害を加える一部の急進分子の勢いを助長しようとしている」と猛烈に非難している。

関連記事(外部サイト)